スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得した平野歩夢【写真:Getty Images】

写真拡大

92年アルベールビルに並び計7個、史上最多は98年長野の計10個

 平昌五輪第6日は14日、4種目でメダルが決まった。

 日本はスノーボード男子ハーフパイプ決勝で平野歩夢が銀、ノルディック複合で渡部暁斗が銀、スピードスケート女子1000メートルで小平奈緒が銀、高木美帆が銅のW表彰台で、計4つのメダルを獲得。全4種目12個のうち3分の1を量産した。この日、すべての国を通じて最多だった。

 これにより、合計7個とし、98年長野の10個、14年ソチの8個に続き、92年アルベールビルと並ぶ歴代3位になった。

 ドイツは金2、銅1の3つを獲得し、合計12個で最多に。オランダ、ノルウェーが計11個で続いている。(THE ANSWER編集部)