大技をぶつけ合った平野歩夢とショーン・ホワイト【写真:Getty Images】

写真拡大

ホワイトのコーチも証言「これは史上最高のゲーム、全てのスポーツで史上最高」

 平昌五輪は14日、スノーボード男子ハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢(木下グループ)は95.25点でソチ大会に続く2大会連続の銀メダルを獲得。ショーン・ホワイト(米国)が最終演技で97.75点をマークし、2大会ぶり3度目の金メダルを大逆転で獲得したが、大技をぶつけ合った頂上決戦について、地元の韓国メディアも「レジェンドVSニュースター」「史上最高の名勝負」と称賛している。

 冬季五輪史に刻まれる伝説の勝負だった。2本目に日本のエース・平野が仕掛けた。「ダブルコーク1440」を決めると、もう一本連続で決めた。五輪史上初となる連続4回転を完璧に成功させると、95.25というハイスコアで2本目を終えて立った。だが、3本目の最終演技で31歳のカリスマが意地を見せた。

 平野に負けじと「ダブルコーク1440」を連続で成功。高さ、スタイル、着地。文句のつけようのないランで、97.75点で大逆転。2大会ぶりに金メダルを手にしたホワイトは男泣き。雄叫びを上げ、雪にひざまづき、万感の思いを全身で表現していた。平野は静かにホワイトと抱擁を交わし、勝利を祝福した。

 決勝に韓国人ボーダーは進出できなかったが、地元メディアも大会序盤のハイライトなったのデッドヒートに注目。地元紙「スポーツ・ソウル」は「ホワイトとアユム、史上最高の名勝負」と見出しを打って特集した。

壮絶な一騎打ち、レジェンドとニュースターが刻んだ名勝負

 06年トリノ大会と10年バンクーバー大会金メダルのホワイトを「レジェンド」とし、19歳の平野を「ニュースター」と紹介。壮絶な一騎打ちを制覇した31歳の名手について、記事では「レジェンド・ホワイトはスノーボードの歴史に永遠に刻まれることになった」と振り返っている。

 ホワイトのコーチを務めるJ.J.トーマス氏は「これは史上最高のゲームだった。全てのスポーツで史上最高の名勝負だったと思う」と証言したという。

 ホワイトは米紙の取材で連続4回転を決勝当日まで成功させることができなかったと告白していたが、平野の脅威をバネに土壇場で完璧に決めていた。今回の記事では、トーマス氏も「私は信じられなかった」と驚愕したという。

 平昌の空を華麗に彩ったホワイトと平野の激闘は、開催地でも大きな感動を呼んでいる。(THE ANSWER編集部)