熊谷市の6人殺害事件 被告は被害妄想がなければ犯行に及ばなかった?

ざっくり言うと

  • 熊谷市で平成27年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件
  • 被告の担当医師は13日の法廷で、犯行時の被告が統合失調症だったと証言した
  • 14日の証人尋問では、被害妄想がなければ罪を犯さなかった可能性を説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング