プロ絶讃の長靴を知っていますか?(撮影:尾形文繁)

東京も大雪やゲリラ豪雨に見舞われる昨今。革靴がぬれてヨレヨレになり、「ちゃんとした長靴を常備しておくべき?」なんて思う人も多いかもしれない。


この連載の一覧はこちら

そこで、自然の脅威にも備えられそうな実績ある長靴をリサーチしたところ、弘進ゴム(宮城県仙台市)の「シーラックスライト」というゴム長靴にたどり着いた。雪寒地にお住まいの人々を中心に10年近く愛され続けているという。

「1月の大雪の際は、北関東のホームセンターからも全体で1万足ほどのオーダーが入りました」と、同社シューズウェア統括本部・副本部長の近内章人さん。普段需要の低い関東地方でも、いざというときの頼れる存在になっている商品のようだ。

上野動物園の飼育員たちが履いていた!

同社は、ゴム・ビニール製品を製造販売している会社。身近なところでいうと、車のパワーステアリングホースや大手コンビニのコーヒーメーカーマシーンの中の管などを作っているのだが、中でも1935年(昭和10年)の創業以来、主力商品となっているのが長靴だ。

同社は、国内の専門業種向けの長靴(ゴム製・ビニール製)市場で35%とトップシェアを持つ。水産、農業、食品、土木建設などの現場で定評があり、指名買いが多いようだ。

たとえば、雪や氷の上でも滑りにくいゴム長靴「マッキンリー」。上野動物園職員の指定品だという。魚の脂で滑りやすい築地市場では、働く人の9割が耐油性のビニール長靴「ザクタス」を履いているそうだ。そのほか、スーパーのバックヤードで使われる白い衛生長靴「ゾナ」シリーズや、ハードな現場向けとしてつま先に鋼製の先芯を施した安全長靴なども売れ筋だという。

そんな現場のプロたちに選ばれる同社の「一般作業用」の長靴として売られているのが、「シーラックスライト」シリーズ(冒頭の写真中央)だ。2008年に発売を開始して以来、土木現場などで作業をする人や、雪かきが必要な北国に住む人たちから人気を得ている。値段は5400円(税込)。作業用長靴は探せば1000円代でも買えることを考えると安価とは言えないが、「一度履くとほかのものはもう履けない」と繰り返し買うリピーターが多いそうだ。

その秘密は、圧倒的な軽さにある。長靴のヘビーユーザーの最大の悩みは「重さ」による疲れ。同社はこの課題を解決すべく、およそ2年間、ゴムの配合を試行錯誤し続け、「フェザーウェイトコンパウンド」という業界初の超軽量配合技術を編み出した。これにより、従来品の約25%の軽量化(同社基準値比)に成功。水に浮くか浮かないかの軽さだという。


女性向けの超軽量タイプを持つシューズウェア統括本部・副本部長の近内章人さん。やわらかさもポイントだ(撮影:尾形文繁)

数字だけではよくわからないので、女性向けの超軽量タイプを実際に履いてみたが、なるほど軽い! 

普段、筆者は、雨や雪の日には英国の老舗ブランド「ハンター」を履いている。都会でも違和感なく履けるシンプルなデザインとロゴで、昨今履いている人も多いハンター。ただ、筆者には硬くて重いため、長時間履くのはつらい。

その点、軽く、柔らかい同社の超軽量タイプの長靴は、この上ない解放感が味わえる履き心地だった。軽快に動けるので、雨や雪の日はもちろん、ガーデニングや洗車など水を伴う日常作業にも向いていそうだ。

しかし、欲を言えば、もう少しデザイン性が欲しいところ……。そう思っていると、「ハマーも売れています」と、近内さん。実は、同社は有名自動車ブランド「ハマー」とライセンス契約をしており、そのロゴを入れた長靴もよく売れているのだそう。確かに、ハンターや「エーグル」のような雰囲気を求める人に受けそうなデザインだ。

しかも、これにも超軽量配合ゴムが使用されているので軽さもウリ。外観と実用性の両立が評価されているのか、ジュニア用も買って親子で履くママさんも多いとか。人気ブランドの長靴が軽く1万円を超えるなか、こちらは8100円(税込、男性用)。ネット上で探せばさらにお得に買うこともできるようだ。

現場のプロたちが注目する機能性

超軽量にする技術だけではない。見えない箇所に空間を設けた構造でムレを防ぐ「ムレノン」など、同社は業界初のオリジナル技術を複数持っている。


長靴の底を比較したことがありますか? 滑り防止などを追求し、さまざまなイノベーションが(撮影:尾形文繁)

研究者との共同開発にも積極的だ。たとえば摩擦の専門家と共同開発し、滑りにくさを飛躍的に向上させたという厨房用スニーカー「シェフメイトグラスパー」は、滑りやすい飲食店のバックヤードで働く人たちから支持が高い。

最近では、農業や畜産業の現場で感染症の拡大防止を図る衛生長靴「ハイブリーダーガード」を、専門家と組んで開発。感染症が拡大する原因は、土や糞尿などの汚れにある。これらが詰まりにくく取れやすい形状にした独自の靴底を生み出し、特許も取得している。

こうした技術力や開発力により、さまざまな現場で作業をする人たちの心をつかんできた同社。ユーザーの多くは職場で毎日履くため靴底の減りが早く3カ月ほどで買い替えるそうで、同社の長靴をはじめとするシューズウエア部門の売り上げは、こうした頻繁な買い替え需要や春先に現場に入るフレッシュマン需要に支えられているという。

女性、ビジネス向けでブレークできるか?

しかし、こうした一定の需要はあるものの、同社がメインターゲットとする一次産業層の人口は減りつつある。そこで、同社は今後、一般消費者向けの長靴開発にも力を入れていくそうだ。特に現在、業界全体でファッション性のあるものが特に伸びていることもあり、「女性向け商品」の拡充を考えているという。

確かに市場に女性向けの長靴は増えたが、開拓の余地があると感じる。おしゃれな長靴はどこか機能に不満があり、実用的なものはダサいという印象だ。

たとえば、筆者のハンターへの不満と要望は、こうだ。「豪雨の際に筒の間から雨が浸入するので、それを防ぐカバーみたいなものが付いているといいが、歩いたり自転車をこぐうえで邪魔になるのは困るし、見た目を損ねる形では付けてほしくない。欲を言うとビジネスの場でも違和感のないレベルまでスタイリッシュにできないか」。もはや原形をとどめない要望だが、女性同士(特に子どもがいる働く女性)で長靴の話になるとこういった身勝手な意見が飛び交い結構盛り上がる。

この連載を担当する女性編集者も長靴を5足も持っているのにどれも一長一短らしく、常々理想の長靴について熱く語っているので、細かな不満を抱える女性は多いように思う。世の女性たちの意見を反映した商品が生まれたら、売れるに違いない。

そして、こうした長靴への不満を抱いているのは女性だけではないらしい。「実は、10年間未解決なのが、ビジネスマン向けのレインシューズなんです」と、近内さんは打ち明ける。「男性がスーツを着ていてもカッコよく履ける長靴機能のある靴」はビジネスマンから長年熱いオファーがあるものの、軽量化すると安定が悪くなり、カッコよさを追求すると底が重くなるなどバランスが難しいそうで、ずっと商品化できていないのだそう。

「絶対にムレない長靴というのも永遠の課題。これができたら独壇場でしょう」と、近内さんは話す。

まだまだ課題がたくさんあるようで、なんとも奥の深い長靴の世界。同社には、専門業種の方々を引き続きサポートしつつ、ぜひとも長年の実績や技術力を生かし、一般ユーザーが大満足する画期的な新商品も生み出していってほしい。