D-TYPE1956年型ロングノーズ。 (画像:ジャガージャパン発表資料より)

写真拡大

 ジャガーは、1956年に最後の1台が製造されて以来作られていなかった当時のレーシングカー「D-TYPE」を、25台限定で製造すると発表した。

【こちらも】ジャガー・ランドローバー、70年前の自社製品のレストア・プロジェクト始動

 D-TYPEは1955年から1957年にかけ、ル・マン24時間耐久レースで3度の優勝を達成している6気筒のXKエンジンを搭載したモデルである。

 1955年当時、総計100台の製造計画があったが、何らかの事情で75台目が完成した時点で製造が止まっていた。そこで今回、残り25台を、当時の設計図面そっくりそのままで再現したものを、ジャガー・クラシックが新たに製造する。

 なお、既にプロトタイプは組み立てられており、パリの「サロン・レトロモビル」において披露されている。

 ジャガー・クラシックは、2014〜2015年には「E-TYPEライトウェイト」を6台、2017年から2018年にかけては「XKSS」9台を復刻しており、D-TYPEの製造は、ジャガー・クラシックによる3番目のモデルとなる。

 また、ジャガー・クラシックのエキスパートたちの手によって、既にジャガー社が保存していたD-TYPEのオリジナルの設計図などの記録は確保されているとのことである。その上で緻密な資料の精査を行い、当時のレーシング・マネージャーが定めた純正使用を、忠実に緻密に再現するという。

 この25台について販売がどのような形で行われるのかや、販売時期、値段などについて詳しいことは公表されていないが、D-TYPEには1955年型ショートノーズと1956年型ロング・ノーズの二つのボディタイプがあり、購入者はこのいずれかを選択することができるとは公表されている。

 ちなみに既に再現に成功しているXKSSはD-TYPEをベースとした車である。技術的には困難だったらしいが、その成功の実績があるので今回もうまく行くだろう、とジャガーのプロジェクト責任者は語っている。