メルセデス・ベンツ、4ドアの「メルセデスAMG GT」をジュネーブ・モーターショーで公開すると発表!
メルセデス・ベンツが4ドアの「メルセデスAMG GT」を3月6日、ジュネーブ・モーターショーのプレスデイ初日に公開すると発表し、カモフラージュ姿のティーザー画像を公開した。

正式な車名は明らかになっていない。メルセデスは今のところ「4ドア メルセデスAMG GT クーペ」と呼んでいる。そう、セダンではなく、4ドア・クーペなのだ。今回公開されたオフィシャルの写真を見ると、ルーフの低いファストバック・スタイルと、その後部にはキャビンから独立したトランクリッドではなく、リア・ウィンドウと一体で開閉すると思われるハッチゲートらしきものが確認できる。



2ドアのメルセデスAMG GTから特徴的なスタイリング要素をいくつか受け継いでいることも分かる。垂直ルーバーを持つ「パナメリカーナ・グリル」は巨大で、テールランプは水平に細長いユニットが採用されている。

その一方、多くの点で2ドアとの違いも見られる。フロント・グリルはクーペほど低くもなければ威圧感もない。それは、ヘッドライトがフロント・グリルとほぼ同じ高さで並んでいるため、見る人の視線が上下しないからそう感じられるのだろう。これまでの2ドアのメルセデスAMG GTはグリルが低く、ヘッドライトが吊り上がっているように見える。フェンダーの隆起もだいぶ控え目で、2ドアのGTよりも「CLS」の方に近いように見える。もっとも、それも悪いことではないが...。

現時点では、メルセデスは3枚の画像の他に情報は一切明らかにしていない。1年前に同じジュネーブ・モーターショーで発表されたコンセプト・モデルでは合計最高出力816psを発生する4輪駆動のハイブリッド・パワートレインが提示されたが、市販モデルには2ドアのメルセデスAMG GTと同じ4.0リッターV8ツインターボ・エンジンが搭載される可能性が高いと我々は見ている。それなら最高出力は少なくとも476ps、GT Rと同じ仕様が採用されたら最大で585psとなる。

By JOEL STOCKSDALE

翻訳:日本映像翻訳アカデミー