X線検査装置で手荷物検査を行う保安検査員(2016年1月3日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国南部・広東(Guangdong)省で、女性が鉄道駅に設置された手荷物検査用のX線検査装置にハンドバッグとともに侵入し、その動画がインターネット上で拡散され話題となっている。バッグに入った貴重品が盗まれるのを恐れての行為だったという。

 女性は11日、同省東莞(Dongguan)市にある駅でX線検査装置に潜り込んだといい、拡散された動画にはコンベヤーベルトに乗る女性のシルエットがはっきりと写っていた。動画にはさらに、女性がそのまま検査装置を通過し、荷物を待っていた他の客が驚いた様子も捉えられていた。

 現地紙がソーシャルメディアに投稿した情報によると、女性は荷物検査中にバッグの中の金品が盗まれることを心配し、自ら装置に乗ったのだという。

 インターネットユーザーの多くは、この女性は自分の健康よりも金銭を大事にする「変人」だとあざ笑っている。装置に使用されているX線は非常に強力で、人体にも有害だという。
【翻訳編集】AFPBB News