今まで仲の良かった男友だちを急に異性として意識するようになって“友だち以上恋人未満”な関係から何とか抜け出して付き合いたい、と思ったりしませんか。恋愛と友情は悩ましいテーマですが、好意があると自覚したら、何らかのアクションを起こすべき。そんな関係から抜け出して晴れて恋人になるための方法をお伝えします!

“友だち以上恋人未満”な関係から抜け出す方法4つ

1. 自分の“女性らしさ”を素直にアピールする

“友だち”という関係なので、今まではあえて“女”を封印している部分があったかもしれません。でもだからこそ、彼からは恋愛圏外と判断されてしまうのです。友だちから一歩進んで恋愛関係になりたいなら、まずは自分の“女性らしさ”を素直にアピールすることから始めましょう。髪型を変える、フェミニンなスカートをはく、彼に何か手伝いを求める、彼に「あれっ、今までと違うぞ」と思わせることが肝心です。

2. “呼び出せばいつでも会える女”を卒業する

仲のいい友だちだからと言って、彼からの呼び出しにはいつでも応じていませんか。付き合いやすい友だちという意味では正解ですが、恋愛的にはNGです。男性はあまりにも身近で、自分が会おうとすればすぐに会えるような女には恋愛感情を掻き立てられません。「ごめんなさい、その日は予定が入っているの」の一言で、彼はあなたが当たり前の存在ではないことに気づき、ちょっと動揺するはず。そんな気持ちの揺らぎが恋愛感情の始まりです。

3. 彼には見せない“ミステリアス”な部分を出す

上述のとおり、身近すぎる存在だと安心感が先立ってかえって恋愛感情が湧いてこないのが男性心理なのです。すでに友だちとして仲がいいと、“だいたい分かっている”という気持ちが先立ってしまい、なかなか恋愛に進めないのかもしれません。まずはそんなイメージを払拭し、彼の知らない一面があることを知らせましょう。飲み会に顔を出すことが減った、フェミニンな格好が急に増えた、などなど“ミステリアス”な部分を小出ししてみて!

4. 彼が恋愛相手に求めていることをしっかり把握する

どんなにこっちが一方的に好きになってしまっても、彼が同じように思ってくれるか、少し冷静になって考えることも必要です。友だち付き合いのなかで、彼の恋愛観やニーズも聞き出せることでしょう。そこから自分が彼のニーズを満たせるかどうか、よく分析してみましょう。見た目やルックスといった表面的なことばかりでなく、将来像やライフスタイルまでよく考えたうえで彼にとって“理想の彼女”となれるよう目指すのです。

まとめ

友だちから恋人同士へ、なんだか照れくさくてハードルが高く感じる人も多いみたいです。でも友だちとしていいお付き合いができているということは、基本的にお互いに好意を持っているということ。これは大きなボーナスポイントです。だから後は何か+αの要素があれば恋人同士になるのは難しいことではないはず。焦りすぎずに、いいタイミングで恋人になれるといいですね。