ジダン監督、PSG戦へ両エース対決に注目が集まるも「ロナウドvsネイマールではない」

写真拡大

▽レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、パリ・サンジェルマン(PSG)とのチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグに向けて意気込みを語っている。クラブ公式サイトが伝えた。

▽リーガ・エスパニョーラでは1試合未消化ながら首位・バルセロナに勝ち点差17差で4位に位置し、コパ・デル・レイでは準々決勝で敗退しているマドリー。それでもCLではグループHを4勝1分け1敗で2位通過し、14日に行われる決勝トーナメント1回戦1stレグでは、グループBを5勝1敗で首位通過したPSGと対戦する。

▽前日会見に出席したジダン監督は、リーガでの低迷やコパ敗退によって解任の噂が浮上している状況にもPSG戦に集中することを主張している。

「仕事を楽しむようにやって行く。それが私の情熱であり、たくさんのことを伝えることに努めている。明日私が何かを証明しなければならないことはない。唯一考えることは良い試合をすること。私個人またはチームについて言われることではない」

「現状で私は将来のことは考えておらず、試合に集中している。その他のことは我々はコントロールできない。我々がコントロールできるのはピッチで起こることだけで、素晴らしい試合ができるように努める。練習、試合とすべてが大事で、私の将来は気にしていない」

▽また、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、PSGのブラジル代表FWネイマールの両エースに注目が集まるが、ジダン監督は「C・ロナウドvsネイマール」ではないとチームでの戦いを強調している。

「2人は偉大な選手だが、レアル・マドリーとPSGの試合であって、クリスティアーノ(・ロナウド)対ネイマールではない。クリスティアーノはこれまでにバロンドールを5回勝ち取っているが、私がそれを買い取ることはできない」

「ネイマールについて言うことがあるとすれば、ピッチでやることや勝ち取ったもののすべてを我々は知っている。彼はとても高いレベルの選手で、ほかの選手との違いを見せつけることができる。彼ら2人の戦いではなく、2チームの試合を見たいと思っている」