いよいよ2018年2月23日に発売されるホンダの『クロスカブ110』『クロスカブ50』。市販予定モデルとして「東京モーターショー2017」に参考出展されていた時点からすでに注目を集めていただけに、細部がどうなっているのか気になっているバイクファンも多いはず。

【詳細】他の写真はこちら



今回、「Hondaウエルカムプラザ青山」に展示中の車両を撮影させてもらったので、レジャーバイクらしさ満点な『クロスカブ』の各部をじっくり確認してみてほしい。

『クロスカブ110』と『クロスカブ50』は、ココが違う!





まず排気量が異なるため、エンジンが違う。『クロスカブ110』のエンジンは総排気量109㎤で8.0psの最高出力となる「JA10E」、『クロスカブ50』は総排気量49㎤で最高出力3.7psの「AA04E」だ。



ちなみに車両重量は『クロスカブ110』が106kg、『クロスカブ50』がちょうど100kg。こちらの数字にも微妙な差異がみられる。



新パターンの太めセミブロックタイヤもサイズが異なり(17インチ/14インチ)、これが全高などのスペックにも影響している。

二人乗りOKの『クロスカブ110』





実用車スタイルの『スーパーカブ』から一転、アウトドアテイストのパーツが随所に盛り込まれた『クロスカブ110』。クロスカブ専用のヘッドライトガード、レッグシールドが外されてスリムになったシルエットなど、遊び心満点のスタイリングだ。



タンデム(二人乗り)可能なことを示す可倒式ステップ。ヒートガード付マフラーもアウトドア感の演出に一役買っている。



アップで見ると、カブのシリーズとは思えないほど精悍な顔つき。



価格は33万4800円(税込)。カスタムベース車としてもいろいろと楽しめそうな一台だ。

日常の足としてガンガン使いたい『クロスカブ50』





小径タイヤのせいか、全体的に一回り小さく、落ち着いた印象のある『クロスカブ50』。この「クラシカルホワイト」カラーは50ccモデルのみにラインアップされる。タフさと品の良さのバランスがとれたルックスは、街乗りにもピッタリだろう。



乗っていて自慢できるスタイリング、普通自動車免許でも乗れる50ccクラス。これだけのバリューで30万円を切る価格の29万1600円(税込)というのは嬉しい限り。



クロスカブ共通のメーター周り。さりげなくカモフラージュ調のグラフィックが描かれている。いつも見るところに洒落っ気を効かせるデザインはお見事だ。

2018年2月16日(金)までは青山で大々的に展示中!





「Hondaウエルカムプラザ青山」では、今週の金曜日(2018年2月16日)まで『クロスカブ110』『クロスカブ50』計5台を大々的にディスプレイ中。期間終了後も、他の市販二輪車とともに同プラザの通常展示が続けられるという。実際にまたがってみることもできるので、ぜひ青山まで足を運んでみてほしい。

関連サイト



クロスカブ110 / クロスカブ50(Honda)

Honda ウエルカムプラザ青山

text渡辺 "d." 大輔(編集部)