肘をついて手の上に顎を乗せる「頬杖」、クセになっている人はいませんか?頬杖をつくポーズは何だか気だるげで、人と会話するときなどにはマナー違反になってしまいます。そんな頬杖ですが、ただ「マナー違反」になるだけではなく、顔のゆがみや虫歯のリスクを高める危険行為でもあったのです。

歯並びや噛み合わせが悪くなる

歯は顎の骨と連結している部位です。頬杖をついていると顎に顔全体の体重がのしかかってしまうため、顎に負担が加わります。負担が加わると顎の骨はどんどんゆがんでしまい、結果として顔のゆがみや歯並びの悪さに直結してしまうのです。顔の骨がゆがむと、フェイスラインが崩れて顔が必要以上に大きく見えてしまいます。また歯並びが悪くなると、噛みあわせもずれてしまいます。噛みあわせがずれると歯と歯の高さが合わなくなったり、歯と歯の間にすき間ができたりと様々な弊害が及びます。

虫歯・歯周病のリスクが高まる

頬杖が引き金で歯並びが悪くなると、虫歯や歯周病のリスクまで出てきます。歯が綺麗に揃わなくなるため、歯と歯の間にすき間ができやすくなるのが原因。すき間に食べたものが詰まりやすくなり、プラークが溜まって虫歯になりやすくなるのです。また、虫歯になることで歯茎にも影響が及びます。虫歯菌で歯茎が炎症を起こせば、腫れたり出血をしたりといった事態にも発展します。最悪、歯茎が生んで切開手術をしなければならないこともあります。

顎関節症のリスクが高まる

顎の骨がゆがんでしまうと、「顎(がく)関節症」になるリスクが高まります。顎関節症とは、顎の関節に異常が起こったために、口を開けたり閉じたりする度に顎の骨が鳴る疾患です。症状が深刻化すれば顎に痛みが生じ、最悪口を開けられなくなることもあります。顎関節症は顎の筋肉の力が弱まっている現代人によく起きる病気で、頬杖をつくことによる顎の骨のゆがみも起因しています。

頬杖をつくクセは早めに治そう

頬杖をついていると、顎の骨や顔の見た目…あらゆる場所に弊害を及ぼしてしまいます。見た目にも悪いですから、治せるのなら早い内から治した方が良いですね。頬杖をつかないようにするなら、まずは机などに肘をつかないようにするのが基本。肘をついてしまうと、自然と頬杖の流れになってしまうため要注意です。


writer:さじや