70代女性の胃がん検査結果を見落とし 治療開始が7カ月遅れるミス

ざっくり言うと

  • 堺市立総合医療センターは14日、治療開始が約7カ月遅れるミスを発表した
  • 70代女性に対する胃がんの検査結果を見落とし、胃潰瘍と診断して経過観察
  • 女性はその後死亡したが「検査を受けた時点で病状は進んでいた」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング