マヤ暦占いでわかる2018年の運勢。『黄色い星』のあなたの取扱説明書。

写真拡大 (全2枚)

予言のように当たる!とここ最近注目を集めているマヤ暦占い。人生の目的や運命を知ることができる、いわば自分の取扱説明書と言われています。

マヤ暦占いとは……

マヤ暦占星術は、星占いの1つです。4000〜5000年前に繁栄した古代マヤ文明の時代、マヤの先住民は天文学にすぐれ、星の流れを正確に読みとって、時間という概念を作りました。そして、その星の流れを暦に体系化したものがマヤ暦です。

占いにつかう暦はツォルキン暦とよばれ、神官が使用していた暦です。この暦を意識しながら流れに沿って生きると、宇宙の流れと一致してシンクロニシティが起こりやすくなります。

マヤ暦では、「20の紋章」が存在し、あなたに該当する紋章がそのままあなた自身のキャラクターや性質・特性を表します。

自分のマヤ暦の紋章を知る

生年月日 1920 1921 1922 1923 1924 1925 1926 1927 1928 1929 1930 1931 1932 1933 1934 1935 1936 1937 1938 1939 1940 1941 1942 1943 1944 1945 1946 1947 1948 1949 1950 1951 1952 1953 1954 1955 1956 1957 1958 1959 1960 1961 1962 1963 1964 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972 1973 1974 1975 1976 1977 1978 1979 1980 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 年 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 日

調べる

※「黄色い星」以外だった方は、記事下部の「マヤ暦占い」から、ご自身の太陽の紋章のページへお進みください。「マヤ暦占い」は随時更新中です。

『黄色い星』のあなたは、アーティストとして創造性を追求する人

【基本特性&使命】
高い美意識を備えたアーティストタイプ。
容姿端麗であるだけでなく、鋭い感性と抜群のセンスで、芸術肌の人が多いのが特徴。性格は完璧主義でストイック。自分に厳しいだけでなく、人にも厳しい面があるので、“自分基準”で相手を判断したり、責め過ぎないように。愛情と厳しさのバランスを保つことが大切。

『黄色い星』の恋愛運

容姿端麗な人気者。
美的センスや理想も高く、相手に求める基準も高い人。親密な関係になるほどに、要求を押し付けがちになるので、相手の気持ちも尊重して。

ウェイブスペルに『黄色い星』を持つ人の2018年上半期の運勢

(※ウェイブスペルとは、あなたの潜在意識に秘めたもうひとつの紋章です)
「黄色い星」の上半期のキーワードは、“創造性”。
どんな人よりも個性的なあなた。ファッションやライフスタイル、考え方にも独自の品格と美意識があなたにはあるはずです。

この上半期は、さらにそんなあなたのクリエイティビティが輝きを増す時期。これまで、趣味や楽しみだけでアートや音楽などクリエイティブなことに打ち込んできたあなたなら、この機会にプロフェッショナルになる道が開かれるかもしれません。

また、SNSやブログなどで、あなたのクリエイティビティを発信しておくと、将来のキャリアにつながるかも。運命の相手も、自分と同じような独自のセンスを持った人。行きつけのお店で出会う人やオフ会などで話が合う人が狙い目。

ラッキーな期間は10月に訪れますが、前半では4月1日からの13日間にも運気が上昇。積極的に自己表現していきましょう。

運気アップの鍵  
休日には美術館やギャラリーに通って美意識を高めると運気がアップ。

ラッキーアイテム 
花柄やカラフルな色のワンピース。地味な色より鮮やかな色の洋服を選んで。

『マヤ暦占い』

マヤ暦ソウルナビゲーター・MASAYUKI

PROFILE
一般社団法人日本マヤ暦セラピスト協会代表理事。大手商社勤務時代にマヤ暦占星術と出会い、自分自身の使命に気づく。幼少のころに体験したすべてのことがマヤ暦占星術に予言されていたことに衝撃を受け、マヤ暦占星術の世界の探求が始まる。
現在は、オリジナル占術である「マヤ暦ライフナビゲート鑑定術」を提唱。各種メディアで活躍しながら、1万人以上を鑑定し、“銀座の兄”としても知られている。