<顔認証を応用した遊び心で大人気に――だがプライバシーや差別問題への懸念も>

最近、インターネットで大きな話題となっているのが、グーグルによる美術作品鑑賞アプリ「グーグル・アーツ&カルチャー」だ。アプリ自体は2016年に発表されたものだが、世界1200カ所以上の美術館の収蔵作品からユーザーとそっくりな顔を探し出すという機能を新たに搭載、人気が爆発した(ただしこの機能を利用できるのは現在、アメリカ国内の一部のみ)。

手順はスマートフォンで自撮りをして、画像をアップロードするだけ。すると写真を解析・検索し、似ている(とされる)顔の絵を提示してくれる。

このアプリに使われているような顔認識のソフトウエアは顔のパーツや目立つ部分を分析し、指紋ならぬ「顔紋」を導き出す。これを支えているのは、人工知能(AI)を使ってコンピューターが自力で新しい情報を学び取る機械学習の技術だ。

テクノロジー企業による顔認識技術の応用はいろいろあるが、今回のグーグルのアプリはそれを美術に親しむ手段として活用した好例だ。その一方で、顔写真を使うことによるプライバシーの問題を懸念する声も一部で上がっている。

グーグルによれば、アップロードされた自撮り写真が機械学習プログラムの訓練やデータベースの構築など他の目的に使われることはない。だが大量の顔データが目的外使用されることは本当にないのか。ツイッター上でも「監視国家による顔認識の前段階だ」とか「グーグル・アーツ&カルチャーのユーザーさんたち、おめでとう。国家安全保障局(NSA)の顔認識データベース入りしたぞ」といった声が聞かれる。

[2018.2.13号掲載]

カスタリア・メドラノ