2月10日、アイスホッケー女子予選で登場した北朝鮮の応援団。同じお面を取り出す応援手法が話題になった(写真:ロイター/アフロ)

2月9日から開催中の韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪。各国から集まった一流アスリートの動向に加え、気になるのは北朝鮮の動きだ。中でも、大挙して押し寄せた北朝鮮応援団の応援ぶりは、韓国内外で高い関心を呼んでいる。

10日のショートトラック男子1500メートル予選で今大会“初出場”した応援団は、同じ10日にアイスホッケー女子南北合同チーム対スイス戦に登場。「統一旗」を手に赤のユニホームでそろえ、一糸乱れぬ歌や踊りによる応援を繰り広げた。特に、一斉に男性のお面を取り出して行う応援風景は、その異様さと、お面の男性の正体についても話題になった。

応援団員はほとんどが女性。応援団は14日夕刻に始まるアイスホッケー女子の日本戦にも登場する。はたして彼女たちはどのような人物なのか。

過去の応援団には金正恩の妻も

応援団は2000年代に数度、韓国に来ている。2002年の釜山アジア大会、2003年8月の大邱(テグ)ユニバーシアード大会、2005年の仁川アジア陸上選手権大会にも派遣された。特に2003年に派遣された応援団の中には、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妻である李雪主(リ・ソルチュ)氏もいたことがよく知られている。

中心メンバーは、北朝鮮では最高の音楽家養成機関とされている金星(クムソン)学院の学生のようだ。金星学院は日本でいえば中学生から大学生まで、音楽の才能ありと選抜された学生たちが学んでいる。李夫人も金星学院の学生だった。

「北朝鮮では、子どもの時から一芸を育てる教育が浸透している」(中国の北朝鮮専門家)。音楽に限らず、幼少の時から才能あり、と判断されたものは集中して教育させるシステムがある。平壌市内のレストランでは、従業員らが食事の合間に歌や踊りなどを披露、そのレベルの高さに驚くことがある。これも「それなりに幼少のころから教育されているため」(前出の専門家)、普通の人でもそれなりの芸事を持っているという。

その中でも才能を見いだされて入学した金星学院の学生たち。歌を歌わせれば胸に迫る歌声に一糸乱れぬ踊りや拍手もお手のもの、ということだろう。また、選手への応援に加え、応援団は宣伝扇動という役割を持たせるのも北朝鮮。韓国などでその存在を知らせることができれば、役割は十分に果たしたということになる。

音楽団はドリームチーム

今回の五輪では応援団のほか、芸術団も派遣されている。今回北朝鮮から派遣されたのは、選手46人、応援団やテコンドー演武団、記者など280人、音楽団を含んだ芸術団140人に上る。

開催地の平昌に近い韓国東部・江陵(カンヌン)市で8日、ソウルでは11日に音楽団による公演が行われた。楽団名は北朝鮮の名勝地からとられた三池淵(サムジヨン)管弦楽団。当初韓国側は、これまで知られていない楽団の名前に戸惑ったようだ。

「(1946年に設立の)万寿台芸術団に所属する楽団を中心に、一部の歌手や演奏家などを入れて再構成した楽団だ」(北朝鮮高官)。平壌に音楽留学経験があるなど北朝鮮音楽に詳しい李銀河(リ・ウナ)氏は「北朝鮮のトップの楽団の芸術家たちで編成されている。ライトなクラシックや北朝鮮の曲、映画音楽などもクラシック風にアレンジして演奏する」と説明する。

同楽団の指揮者の一人は、北朝鮮最高位の功勲国家合唱団団長で人民芸術家であるチャン・リョンシク氏であることを見ても、「最高位の芸術家で構成された、いわばドリームチーム」(李氏)。演奏された曲目は、「韓国人の気持ちにとても合う曲目だった」(公演を取材した韓国紙記者)。政治的メッセージが強いものは避け、「Jへ」「愛の迷路」「男は船、女は港」など日本でも知られた韓国の懐メロを多く取り入れた。

韓国メディアでは、選定された韓国曲に一定の配慮がにじみ出ていたとみる報道もある。前述の曲目は、1999年から2000年代前半に平壌などで数回行われた韓国歌手による訪朝公演で人気を博した曲目が多い。「南北交流の成果を暗に伝えようとしたとも考えられる」(前述の韓国紙記者)。

また、北朝鮮のメインの歌手の登場に韓国側の関心も高まった。北朝鮮の最高峰、青峰楽団所属とされる女性歌手、キム・ジュヒャン氏のことだ。

彼女は、2000年6月に行われた初の南北首脳会談前に会談祝賀公演団の最年少団員としてソウルを訪れ、その歌のうまさで聴衆を魅了させたことで一役、有名になった。

その後、訪朝した韓国記者団などの前でも歌を披露し、韓国メディアではよく知られた北朝鮮芸術家の一人だ。ポップスから民謡までなんでもこなすトップ歌手として知られている。そんなキム氏をメインに据えたことも、韓国側の状況を把握したうえでのことだったのだろう。

ウーマンパワーの破壊力

訪韓芸術団の団長に南でもすでに有名だった玄松月(ヒョン・ソンウォル)・朝鮮労働党宣伝扇動部副部長、高位級訪韓団に金委員長実妹の金与正(キム・ヨジョン)氏、そして主要芸術団員に女性中心の応援団。前出の李氏は「北朝鮮のウーマンパワーの破壊力は強かった」と言う。

韓国人の北朝鮮に対するイメージ改善効果に加え、北朝鮮とも対話を進めたい文在寅(ムン・ジェイン)大統領を抱き込むことにも成功したかのようだ。「故・金正日総書記以来の芸術外交、宣伝扇動は今でもしっかりと実行されている」(李氏)。ただ、その効果が今後の朝鮮半島情勢にどのような影響を与えるのか、現時点では未知数と言わざるを得ない。