シンガポール航空グループ(SIAグループ)は、世界初となるブロックチェーン技術をベースとしたフリークエントフライヤープログラム「クリスフライヤー」のデジタルウォレットを開発すると発表した。

約6ヶ月以内にリリースする計画で、クリスフライヤー会員は参加する小売店のPOS経由でマイルを使用することができるようになる。KPMGデジタルビレッジとマイクロソフトと実証実験を行い、成功している。

シンガポール航空のゴー・チュン・ポン最高経営責任者(CEO)は、「ブロックチェーン技術を活用してクリスフライヤーのマイルをデジタル化する取り組みは、顧客の利益のため、デジタル化を大幅強化する投資を実証するもの。」としている。