<NBOオマーンオープン 事前情報◇14日◇アルモウジG(7,365ヤード・パー72)>
欧州ツアー史上初のオマーン開催となる「NBOオマーンオープン」。アルモウジGを舞台に行われる新規大会は、15日(木)より開幕を迎える。開催に先立ち、予選ラウンドの組み合わせが発表された。
【連続写真】1年ぶりの復帰、タイガーのニュースイングはまるで「武術の達人」
先週の「ISPS HANDA ワールドスーパー6パース」を40位タイで終えた片岡大育が日本から唯一出場。「カーヌスティの悲劇」と題された逆転劇で1999年の「全英オープン」を制したポール・ローリー(スコットランド)、ドイツのマキシミリアン・キーファーと同組で予選を回る。
今大会の世界ランク最上位(62位)につけるアレクサンダー・レヴィ(フランス)は、同71位のシュハンカー・シャルマ(インド)、欧州ツアー3勝のアンディ・サリバン(イングランド)と同組。最終ラウンドが行われる日曜日に47歳の誕生日を迎えるデンマークの英雄、トーマス・ビヨーンは同郷のソレン・ケルドセン、トーマス・デトリー(ベルギー)とラウンドする。また、日本ツアーで活躍するスンス・ハン(米国)は、昨年の「全米オープン」を制したブルックス・ケプカ(米国)の実弟、チェイスらと2日間をともにする。
昨年の欧州年間王者トミー・フリートウッド(イングランド)、世界ランク33位のリー・ハオトン(中国)、同38位のトーマス・ピータース(ベルギー)ら、欧州で戦う世界上位勢の多くは同週開催の米国男子ツアー「ジェネシス・オープン」に出場するため不在。そのため、同100位内の選手は前出のレヴィ、シャルマらたった5人のみ。賞金シード権を狙う片岡をはじめ、欧州で一花咲かせようとする選手にとっては、優勝争いに加わるまたとない好機。初代覇者として中東に名を刻むべく、血気盛んな選手達が熱戦を繰り広げる。
【主要組の初日スタート時間】
12時15分:アレクサンダー・レヴィ、シュハンカー・シャルマ、アンディ・サリバン
12時25分:トーマス・ビヨーン、ソレン・ケルドセン、トーマス・デトリー
16時35分:片岡大育、ポール・ローリー、マキシミリアン・キーファー
<ゴルフ情報ALBA.Net>

今季2戦目のタイガー・ウッズ「ここではとにかくひどい(笑)」
“62”男と回る松山英樹、全英オープン最終日7打差逆転例は?
“谷原”ルートか“岩田”ルートか、日本人選手が描く海外への道
「良き友におめでとうと言いたい」ステンソンは銀メダルにも悔いなし
松山英樹の影響か!?グラファイトデザイン『ツアーAD IZ』がPGAツアーで存在感