「みずほWallet」アプリのイメージ

 みずほ銀行は、アプリから発行できるデビット決済サービス「スマートデビット」を今春より提供する。みずほ銀行の普通口座を所有する個人向けのサービスで、FeliCa対応のAndoridスマートフォンから利用できる。

 みずほダイレクトアカウントを所有していれば、専用アプリ「みずほWallet」からデビットカードを即時発行できる。銀行窓口や書面での手続きは不要。アプリから発行できるカードはプラスチックカードではなく、画面上で表示される仮想カードとなっている。

 アプリから発行したデビットカードは、電子マネー「QUICPay+(クイックペイプラス)」として、全国65万台以上の加盟店端末で利用できる。一般的なデビットカードと同様に、支払った金額が口座残高から即時引き落とされる。

 「スマートデビット」は、大日本印刷の決済管理ソリューション「DNPモバイルWalletサービス」を活用して提供される。「QUICPay+」サービスを提供するJCBは、今後、みずほ銀行以外の金融機関に対しても同サービスの導入を検討していくとしている。