鋤田正義×グイード・ハラリの写真展が目黒で - デヴィッド・ボウイ、イギー・ポップらを写した作品展示

写真拡大

写真家の鋤田正義とグイード・ハラリによるポートレート写真展「ロック・アイコンズ(ROCK ICONS) / SUKITA X HARARI」が、2018年3月29日(木)から5月20日(日)まで、東京・目黒のブリッツ・ギャラリーにて開催される。

鋤田は日本、英国、米国、ハラリは欧州と、異なる地域で70年代から90年代までのロック黄金期のミュージシャンを撮影し続けてきた2人。ミュージシャンとの信頼関係があってこそ生まれた2人の代名詞は、単なるスナップではなくアート作品としても評価されているポートレート写真だ。

今回の展覧会は、互いの仕事をリスペクトする友人同士でもある2人の共同展。ハラリが、自身の作品をロックの熱心なファンが多い日本で展示することを強く希望したことから実現したという。

会場では、鋤田によるデヴィッド・ボウイ、マーク・ボラン、デヴィッド・シルヴィアン、イギー・ポップ、YMO、忌野清志郎、ハラリによるピーター・ガブリエル、ボブ・ディラン、トム・ウェイツ、ルー・リード、エリック・クラプトン、パティー・スミス、イギー・ポップ、坂本龍一など、両者が撮影した錚々たる著名ミュージシャンたちのポートレートを展示。展示総数は、モノクロ・カラーによる様々なサイズの作品約40点で、鋤田の作品には一部未発表作も含まれる。

【開催概要】
ロック・アイコンズ(ROCK ICONS) / SUKITA X HARARI」
開催期間:2018年3月29日(木)〜5月20日(日) 13:00〜19:00
会場:ブリッツ・ギャラリー(東京都目黒区下目黒 6-20-29)
休廊日:月・火・水曜日
入場料:無料


[写真付きで読む]鋤田正義×グイード・ハラリの写真展が目黒で - デヴィッド・ボウイ、イギー・ポップらを写した作品展示

外部サイト

  • ウィリアム・クラインの写真展が東京ミッドタウンで、"都市ヴィジョン"を気鋭の若手写真家と対比
  • 写真家・瀧本幹也の展覧会がラフォーレ原宿で『海街diary』など映画やCM作品約400点
  • シャネル「フランク ホーヴァット写真展」、ファッションと女性を斬新に切り取った世界的写真家