セキュリティソフトを提供するAvastは、Androidアプリのトレンドやパフォーマンスに関してまとめたレポート「Avast Android App Performance & Trend Report」の最新版(2017年第3四半期/7月〜9月)を発表した。バッテリーやストレージ、データ通信量を多く消費するアプリワースト10が明らかにされている。

 ストレージを多く使うアプリのワースト3は、「Facebook」「Spotify」「Instagram」、データ通信量のワースト3位は「Google Talkback」「Facebook」「Instagram」、バッテリー消費のワースト3は「Beaming Service for Samsung」「Samsung WatchOn」「Netflix」となった。

 日本のユーザーにとっておなじみのアプリのなかでは「LINE」が、パフォーマンスに影響を与えるアプリのワースト9位とされている。

リソースを消費するアプリ・ワースト10(起動時に実行)

パフォーマンスに負担となるアプリ・ワースト10(ユーザー使用時)