2回目を滑り転倒する戸塚優斗  =韓国・平昌のフェニックス・スノーパーク (撮影・早坂洋祐)

写真拡大 (全2枚)

 平昌冬季五輪は大会第6日の14日、フェニックス・スノーパークでスノーボード男子ハーフパイプ決勝を行い、2回目の滑走で激しく転倒し搬送された16歳の戸塚優斗(ヨネックス)は3回目の滑走を棄権した。(五輪速報班)