写真=iStock.com/liza5450

写真拡大

面倒なことを押しつける、人のせいにする、すぐにキレる……。「プレジデント」2月10日発売号、特集「ウソが平気な人、悪口好きな人」では、会社にも家庭にもいる「迷惑で困った人」の対処法を紹介します。今回はその迷惑で困った人側ではなく、「迷惑をかけられて、振り回される人側」に立った記事から、担当編集者がポイントを紹介します。

「会社には2種類の人間しかいない。人を振り回す人と、人に振り回される人だ」

これは、ある有名企業に勤める友人の言葉です。彼女は、真面目で優秀。良識があり気も利くため、会社では上司、同僚、後輩と、さまざまな人たちから頼りにされています。しかし、自分のことを「私は、人に振り回される側の人間」と呼び、始終お疲れ模様。端からみると、「あんなにデキる人なのに、そんな働き方をしているなんてもったいない」と感じます。同時に「彼女は悪くないのに、都合良くこき使うなんてひどい!」と、彼女を振り回す会社の人たちに憤りを覚えます。この状況を改善することはできないのでしょうか。

精神科医の片田珠美先生は、次のように解説します。

----------

「状況を改善しようとして上司や先輩の言動が変わるように働きかけても、それはムダ。なぜならば、人間は18歳を過ぎる頃から性格が固まり始めて、余程のことがない限り、本質的には変わらなくなってしまうからです。振り回されている人は、自分自身を変える努力をしなくてはいけません」
「振り回す人に支配される人を『イネイブラー(enabler)』と呼びます。直訳すると『〜できるようにする人』。振り回す人の問題行動を助長する身近な人のことを指します。もちろん、一番悪いのは振り回す人ですが、振り回されている人は、振り回す人が『少々のことは許される』と思い込む状況をつくってしまっているのです」
自分が上司から怒られるのは、自分の不手際や能力不足のせいだと思い込んでいる。また、上司に対して萎縮していて、波風を立てたくないという願望も強い。このような意識が、相手の振り回し度合いをヒートアップさせている可能性がある。

----------

そう、友人は謙虚すぎるほど「いい人」で、我が身を削ってでも「尽くす人」。片田先生のいう「イネイブラー」に当てはまりそうです。そのような「いい人」ほど、他人を都合よく使おうとする人に目を付けられるとは、ちょっと悲しい気持ちになります。しかし、「一番悪いのは振り回す人ですが」と前置きしながらも、片田先生からは厳しい指摘が続きます。

----------

「過信」も振り回される要因のひとつ。高学歴で、有名企業に勤めていて、コツコツ真面目にやってきたような人は要注意だ。エリートコースを歩んできた人ほど、職場で思うように出世できなかったり、上司から評価されなかったりすると、「自分は優秀なのに」という過信から、振り回される人間になっていく。
「自分を過大評価している人ほど、欲求不満とそれに伴う怒りを持ちやすいもの。根底には、なんらかの劣等感を抱いていて、自己評価が低い部分がある。一流企業に勤め、それなりに出世しているけれど、自分よりもさらに出世している同期に劣等感を抱いている場合などがあてはまります。このタイプは、『自分は上司にもっと評価されて、出世すべき』という承認欲求を抱くようになる。すると、こうすれば認められるはず、褒められるはず、と上司の意向を忖度し始め、やがては上司にうまく操られ、振り回されていくのです」

----------

この言葉を聞いた人は、「そんな『自分は優秀』と思ったり、人を妬んだりはしないよ」と思われるかもしれません。友人もそのようなことを考えているようにはみえません。しかし、片田先生によると、「私は、『人よりも謙虚であることができる人間』である」という過信や、「『いい人』と思われたい」という欲が、振り回す人から狙われるとのこと。そう言われてみると、自分の心の奥底にも「いい人、気の利く人と思われたい」という欲を感じます。その欲から人の頼みを気安く引き受けたりして、ドツボにはまることもあり、この「過信」の根深さを思い知らされます。

では、振り回される人は、状況改善を行わないとどうなってしまうのでしょうか。また、どのようにして状況改善を行えばいいのでしょうか。片田先生は続けます。

----------

振り回され続けた結果、最悪の場合は心身に不調をきたしてしまうこともある。会社に行こうとすると吐き気がしたり、動悸がしたりするのは、不調のサインだ。また、自信喪失により相手の言いなりになって、支配される構造から抜け出せないという悪循環に陥る可能性もある。
このような事態を防ぐために、まずは、振り回されていると少しでも感じた場合、いったん、自分の状況を客観的に見つめてみてほしい。そうすれば正常な判断ができるようになる。「そもそも、この上司の言っていることが間違っているのではないか」「他にも方法がある」など、別の道が見えてくるかもしれない。
また、勝手に自分が下手に出ているという可能性もある。「いい人と思われたい」という承認欲求が過剰になってしまうと、それを利用されて蟻地獄のように振り回す・振り回される関係にはまっていくのだ。
「『ちょっと面倒くさい人』と思われることも対策の1つです。人を振り回す人というのは、『この人は何をしても言い返さないから大丈夫』というのを鋭く嗅ぎ分けています。自分の身を守るために、あえて面倒くさい人になることも重要です」

----------

「ちょっと面倒くさい人」になるというのは、謙虚な人、気が利く人にとっては非常に難しく、アイデンティティを揺るがすほどの苦痛ともいえることでしょう。それでも相手を見て、ときには「ちょっと面倒くさい人」にならないと、会社で、ひいては社会では、生き抜けないのです。

「それでも私は、自分のスタイルを変えたくない。だって、振り回す人が悪くて、振り回される人は悪くないのだから」と思われる方がいるかもしれません。最後に片田先生は、とても恐ろしいことを教えてくれました。

----------

もし、あなたが会社や上司に振り回されている場合、そのストレスを人にぶつけてはいないだろうか。
「精神分析で『置き換え』といいます。自分自身が振り回されたことで感じた怒りを、自分よりも弱いものに対して向け変えてしまうのです」
気をつけなければ、いつか自分も部下や同僚を振り回すようになるかもしれない。あるいは、すでに振り回しているかもしれない。

----------

人から振り回されている人ほど、無意識のうちに自分も人を振り回している可能性があるというのです。人から振り回されることが、人を振り回す人を再生産することになる――、すべての人がそうなるわけではりませんが、自分のためだけではなく、周りの人のためにも、人から振り回されやすいという自覚がある方は、少しずつ態度や行動を改めることで、身を守ってみてはいかがでしょうか。

「プレジデント」2月10日発売号、特集「ウソが平気な人、悪口好きな人」内の記事「他人に振り回される人はなぜ振り回されるのか」では、人に振り回されやすい人の要因、人を振り回す人の見分け方に加えて、「人から振り回されないための7つの対処法」を紹介しています。

そのほかにも、今回の特集では「あなたが許せないのはどんな人? 業界別『職場の人間関係』600人聞き取り調査」「場面別 会社の問題児、スピード退治法」など、“人を振り回す困りもの”の悩みを解決する記事を豊富に取りそろえています。会社で言いたい放題の上司や、家庭でわがままな夫、妻に振り回されて疲れ果てている人は、ぜひお手にとってご覧ください。問題解決、元気回復に、少しでも役立ちましたら幸いです。

(プレジデント編集部 土弘 真史 写真=iStock.com)