1999年にMCIワールドコム・ジャパン主催のカンファレンスに出席したサーフ博士(「INTERNET Watch」2005年2月17日付記事より)

 2005年の今日、国際計算機学会(Association for Computing Machinery、略称ACM)はチューリング賞にTCP/IPを開発したとしてヴィント・サーフ博士とロバート・カーン博士の両名を選出しました。チューリング賞は1966年に創設され、“コンピューター業界のノーベル賞”といわれています。

出典:「INTERNET Watch」2005年2月17日付記事
『インターネットの生みの親が2004年のチューリング賞を受賞』

▼「TIMEMAP」で深読み
『ヴィント・サーフ』と『ロバート・カーン』と『チューリング賞』の足跡をたどる


「今日は何の日」について(インプレスグループ創設25周年企画)

「今日は何の日」は、INTERNET Watchのバックナンバーから、今日という日付に起きた注目すべきニュースを取り上げて解説するシリーズコンテンツです。一般社団法人タイムマップの時系検索エンジン「TIMEMAP」の協力で実現しました。(時限企画:2018年3月まで)