資源事業の好調などで業績見通しを上方修正した三井物産。だが、2位復帰のためには課題も Photo:REUTERS/AFLO

写真拡大

過去最高益を更新
通期見通しを上方修正

「当社の資源・エネルギー分野の力強さを改めて示した」(松原圭吾・三井物産最高財務責任者[CFO])

 三井物産は2月2日、2018年3月期の第3四半期決算を発表。連結純利益は3768億円と過去最高益を更新するとともに、通期見通しを当初の4000億円から4400億円へ上方修正した。

 一方、同日に決算発表を行った伊藤忠商事も、第3四半期の連結純利益は過去最高益を更新したものの、三井物産を下回る3571億円。通期見通しも、当初からの4000億円に据え置いたため、三井物産を下回ることになった。

 三井物産は16年3月期に創業来初の赤字に転落後、三菱商事、伊藤忠に次ぐ業界3位に低迷してきたが、見込み通りなら、久しぶりに2位へと返り咲くことになる。

 三井物産は今回の業績上方修正に伴い、年間配当金の増配や自社株買い・消却など、年間総額1725億円という“太っ腹”な株主還元も公表。同日の株価は4%超値上がりし、時価総額は約3兆6500億円と、伊藤忠の3兆6300億円をわずかながらも上回った。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)