「続投」が固まった日本銀行の黒田東彦総裁  Photo:ロイター/アフロ

写真拡大

黒田総裁の「続投」は妥当

 政府は、日本銀行の黒田東彦総裁を続投させる意向であることが、2月10日(土曜)に新聞各紙で一斉に報じられた。

 日銀の次期総裁人事に関しては、もともと黒田氏の続投を予想する声が多かったが、妥当な人事だ。

 黒田氏は、安倍政権成立以来の金融緩和路線の“アイコン”と呼べる人物であり、同氏の続投は、政府が現在の金融緩和政策の継続を望んでいることのメッセージとして大変分かりやすい。

 舞台裏が明かされることのない人事の話なので、少し憶測を書くが、安倍晋三首相の信認が厚く、金融緩和に積極的である本田悦郎氏も候補に挙がっていた。筆者も適任者の一人だと思ったが、財務省は彼の日銀総裁就任を嫌ったのではないか。

 本田氏は、財務省が望む消費税率引き上げに明確に反対の意見をお持ちなこと、また財務省で高い職位まで上り詰めたわけではない本田氏が、日銀総裁の地位に就くことの人事秩序の乱れについて、共に財務省の強い反感があったのではないか(あくまで推測だが)。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)