マンC、アウェイゴール4発でベスト8へ大きく前進…バーゼルは金星ならず

写真拡大

 チャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦ファーストレグが13日に行われ、バーゼルとマンチェスター・Cが対戦した。

 先制したのはアウェイのマンチェスター・C。14分、左CKをケヴィン・デ・ブライネがニアサイドに蹴り込むと、イルカイ・ギュンドアンがヘディングで合わせてネットを揺らした。

 リードを得たマンチェスター・Cはここから畳み掛ける。18分、左サイドの裏に抜け出したラヒーム・スターリングがゴール前へクロスを送ると、ペナルティエリア内右に流れたボールをベルナルド・シウバがワントラップから左足ボレー。このシュートがゴール左に吸い込まれ、2−0となった。

 さらに23分、高い位置でルーズボールを拾ったセルヒオ・アグエロがエリア手前中央から右足一閃。低い弾道のシュートがゴール左下に突き刺さり、マンチェスター・Cが前半のうちにリードを3点に広げた。

 後半に入り53分、マンチェスター・Cはエリア手前左で受けたギュンドアンがDFをかわして右足でシュート。弧を描いたボールがゴール右上に吸い込まれ、4点目が決まった。

 その後も試合の主導権を握ったマンチェスター・Cは追加点こそ奪えなかったものの、バーゼルにゴールを許すことなくタイムアップ。4−0の完勝でベスト8進出に大きく近づいた。

 セカンドレグは3月7日にマンチェスター・Cのホームで行われる。

【スコア】
バーゼル 0−4 マンチェスター・C

【得点者】
0−1 14分 イルカイ・ギュンドアン(マンC)
0−2 18分 ベルナルド・シウバ(マンC)
0−3 23分 セルヒオ・アグエロ(マンC)
0−4 53分 イルカイ・ギュンドアン(マンC)