熊谷市の6人殺害事件 ペルー人の被告は統合失調症が犯行に影響か

ざっくり言うと

  • 13日、2015年に埼玉県熊谷市で男女6人が殺害された事件の裁判があった
  • ペルー人の被告は統合失調症が犯行に影響した可能性があると医師が説明
  • 「犯罪と認識していた余地はあるが、慎重な判断が必要」などと話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング