親友に腎臓を提供するもプロポーズを断られた男性(画像は『LADbible 2018年2月11日付「Man Saves Life Of Woman He Loves By Donating Kidney But She Turns Down His Marriage Proposal」』のスクリーンショット)

写真拡大

長年ひとりの女性と友人関係を続けてきた男性が、その女性に腎臓を提供した。愛あればこその行為であり、彼は後に勇気を出して女性にプロポーズするも、やんわりと拒否されてしまった。それでも「彼女のためにしたことに後悔はない」と今でも女性と良き友情を築いている。英メディア『Mirror』『LADbible』などが伝えた。

英ロンドンに暮らすサイモン・ルイスさん(49歳)とメアリー・エマニュエルさん(41歳)が市内のクラブで出会ったのは1990年代半ば、サイモンさんが28歳、メアリーさんが20歳の時だった。

2人は意気投合したが、その時メアリーさんには幼い息子がおり、株式仲買人の秘書をするかたわら子育てに忙しい日々を過ごしていた。一方でサイモンさんも兄の音楽イベント運営を手伝う仕事をしており、友人以上の関係に発展することはなかった。サイモンさんは過去に何人か交際した女性がいたものの、およそ20年もの間、常にメアリーさんは特別な存在で密かに「生涯を共にするならメアリーと」という気持ちがあった。

そんな中、思わぬ出来事が訪れた。2014年9月、メアリーさんが37歳の時に自宅で突然倒れてしまったのだ。嘔吐物を喉に詰まらせて床に倒れているメアリーさんを発見したのは、21歳になっていた息子ドゥエインさんだった。メアリーさんの皮膚は黄色に変色しており、すぐにロンドン南部にあるガイズ病院へと搬送された。

脳内出血を起こしていたメアリーさんは2週間の昏睡状態に陥った。その後2か月間の集中治療を受けたが、医師からは末期の腎臓病で余命数か月と診断された。唯一の救いは腎臓移植だったが、メアリーさんはマイナスB型という珍しい血液型であったため、ドナーが現れるチャンスはかなり少ない。その時の心境をメアリーさんはこのように話している。

「死の宣告を突きつけられて信じられない思いでした。私の名前は生体臓器移植リストではなく、死体臓器移植リストに載せられ、ドナーが現れるまでただ待つことしかできませんでした。」

2015年1月に退院するも、メアリーさんは定期的に病院での透析を受けなければならず、サイモンさんはそんなメアリーさんのもとを毎日訪れた。時にはメアリーさんの自宅に泊まって着替えや入浴、食事介助をし、病院へも付き添った。ある日、メアリーさんは献身的に自分を介護してくれるサイモンさんに感謝の気持ちを込めて、スペイン旅行へ招待した。

しかしこの旅行中、メアリーさんのドナーが見つかったとの連絡が入った。イギリスに帰国するも既に間に合わず、腎臓は他の人へ移植された。その後、日に日に容態が悪くなっていったメアリーさんは、「世話をしやすいから」と提案されてサイモンさんの家に引っ越した。

「サイモンは本当に素晴らしいナースでした。夜にはベッドに横たわって面白い話を聞かせてくれて、私が眠れるように頭を撫でてくれたりもしました。彼の愛と献身的な介護が、私の辛い時期を支えてくれたのです。」

数週間後、サイモンさんは自分がメアリーさんのドナーとして適合しているか検査を受けることにした。そして幸運にも適合していることが判明したのだ。その後は何か月にも及ぶ審査を経て、2人は手術を行った。それからは互いの容態が回復するまでサポートし合いながら生活した。

愛する人に腎臓を提供するという決断が背中を押したのだろう。ある夜、サイモンさんは勇気を出してメアリーさんにプロポーズをした。ところがメアリーさんから断られてしまった。メアリーさんによると、自分の健康状態が将来を不確かなものにしてしまったのが理由だという。

「私が最悪な状況に陥ったのを知っていて、それでもプロポーズしてくれたことを本当に嬉しく思いました。でも、『考えておくわ』と言ってやんわりと断ったんです。もし私たちが結婚したら、きっと私たちの特別な友情が壊れてしまうとも思いました。それに健康状態が完全に回復するまでは、結婚は考えられませんでした。彼はいつも私の大親友で、これからも私たちの友情は続いていくでしょう。サイモンが私にしてくれたことは、もしかしたら彼の命をも奪いかねないことだったのです。私たちの間にある愛は本物です。」

メアリーさんの命を救うことに大きな喜びを感じ、ドナーとなったことを全く後悔していないと言うサイモンさんは、「愛する人に心を捧げたかったけれど、腎臓を提供するだけに留まってしまいました。愛する人のために、何かをしたいと思ったので迷うことなく即決しました」と話している。現在も2人は、良き友人として関係を育んでいるのだそうだ。

このニュースを知った人からは、「サイモンさん、すごくいい人なんだね」「確かに、腎臓を提供したからといって、自分の望みを叶えられることにはならないからね。メアリーさんにも選択肢はあるわけだし」といった声があがっている。

画像は『LADbible 2018年2月11日付「Man Saves Life Of Woman He Loves By Donating Kidney But She Turns Down His Marriage Proposal」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)