生活必需品としてのバイクに求める4つの条件

公共交通が整備されていないベトナムでは、バイクが人々の足。新しいバイクを買うのは、まさに一大イベントです。日本で15年間の編集者生活を送った後、ベトナムに渡って起業した中安さんによるベトナムレポートです。

 先日、バイクを買った。約12年ぶりの買い替えである。
 
 ホーチミンシティでの生活において、バイクは生活必需品だ。私は「歳をとってバイクに乗れなくなること」=「1人でトイレにいけなくなること」くらいに感じている。その重要度は日本における自家用車とは比べ物にならない。
 
 だからバイクの購入は、家族にとって一大事業である。今回、我々一家が、どういう基準でバイクを選び、どうやって購入したかを紹介したい。

ベトナムではバイクがよく故障する

 バイクを選ぶ際に最優先の条件だったのが「よく売れているバイクであること」だ。「売れているバイク=良いバイク」というのは当然だが、ベトナムでは少し事情が異なる。ベトナムではバイクを修理する頻度が、日本に比べて相当に高いからだ。
 
 大雨が降ると、道路はしばしば冠水する。水がマフラーよりも高くなると、エンジンは止まってしまう。路上で釘を拾ってパンクすることも多い。こういうときに、売れているバイクであれば対応が楽だ。修理をする人も慣れているし、部品の交換が必要なときも手に入りやすい。

 我が家では妻もバイクを持っている。イタリア製のベスパだ。デザインが可愛らしいので女性に人気だが、故障したときには厄介である。
 
 路上の修理屋さんはもちろん、ちゃんとした店舗を構えている修理屋でも対応できないことがあった。そうなると、ベスパの正規代理店まで持ち込む必要がある。それに苦労させられているので、「新しいバイクを買う時は、修理しやすいバイク」というのが、私にとっては大前提だった。

 2番目の条件は「シート下の荷物の収納庫が大きいこと」。ベトナムでは、バイクで走っている最中にひったくりに遭うことがある。実は以前、妻の財布などが入ったカバンが被害にあった。その時、運転をしていたのは私で、カバンは私と妻の体の間にあった。
 
 それを後ろからやってきた2人乗りのバイクが、追い抜きざまに奪い去ったのだ。敵ながらあっぱれというか、見事な手腕である。そういうことのないよう、貴重品の入ったカバンはシート下の収納庫に入れるようにしている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)