ドーピング検査で陽性反応を示した斎藤選手(右)=(聯合ニュース)

写真拡大

【平昌聯合ニュース】平昌冬季五輪のスピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧選手が競技前のドーピング検査で陽性反応を示した問題で、日本選手団は13日、記者会見を開き、「潔白を証明する」と述べた。

 斎藤は日本オリンピック委員会(JOC)などを通じ、「ドーピングを行おうと考えたことはこれまでに一度もありません。この薬(アセタゾラミド)を使用するメリットも動機も私にはありません」とするコメントを出した。

 日本選手団は斎藤の主張を尊重し、違反がなかったことを立証するため、できる限りの協力を惜しまないと話した。

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)のアンチドーピング部門はこの日、斎藤が競技前のドーピング検査で陽性反応を示したとして、暫定の資格停止処分を決定したと発表した。斎藤は試合に出場しておらず、大会結果に影響はない。

 CASは大会後に最終的な裁定結果を出す。薬物使用が確定すれば、斎藤は冬季五輪で日本勢初のドーピング違反選手となる。