画像提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは2月13日、フラグシップデータセンターである「NEC神戸データセンター」の二期棟を2019年春に開設すると発表した。2016年4月に開設した一期棟は、計画より約1年早く、開所3年で満床となる見込みで、二期棟の開設により西日本エリアでの需要拡大に対応する。

二期棟は、一期棟と同様、ラック収容規模約1,500ラックを有し、災害(地震、水害等)や停電などへの優れた耐性や顔認証技術を用いた入退場管理、行動検知技術を活用した不審者の侵入防止機能を備えているという。

また、冷暖分離・ダウンフローによる空調制御や自然エネルギー(外気・太陽光・地下冷気)の活用など総合的な省エネルギー対策を施し、PUE1.18(設計値)を実現する。一期棟に比べ、空調冷水温度を5度高い20度とし、フリークーリング適用期間を拡大することで、年間の空調熱源消費電力約12%、電力料金約2,500万円の削減を可能にするという。

二期棟では一期棟比約2倍の電力容量を実装し、同一敷地内に、一期棟の約3倍の電力容量を確保可能であり、クラウド提供事業者のサービス拠点としての活用を支援する。

さらに、AIを活用した設備故障の予兆検知、光ファイバを用いた不正侵入時の振動検知、顔認証技術を応用した不審行動検知により安全性を向上し、受付プロセスの一部自動化やウエアラブル端末を用いたリモート管理等による省人化を図る。