アディダスゴルフと新規契約を結んだ森田遥

写真拡大

2月13日(火)、アディダスゴルフが森田遥、スンス・ハン、杉本エリックとアパレル、フットウェアの契約を締結したことを発表した。
【関連写真】今年も見られるセクシーウェア!
森田は2017年に「北海道meijiカップ」で初優勝を挙げるなど、賞金ランキング13位と躍進。今季最も活躍が期待される若手の一人だ。1日(木)にはヨネックス株式会社と用具使用契約を結び、クラブ、ウェアともに心機一転で新たなシーズンに挑む。
今回の契約に際し森田は、「幼いころからスポーツウェアといえばアディダスという印象があり、そんなグローバルブランドの一員になれたことに身が引き締まる思いです。世界規模のブランドだけに、アディダスゴルフのアパレルとフットウェアはトレンドをリードするようなデザインでありながらも、最先端のテクノロジーが両立されていると身をもって実感しています。ブランドと共に一戦ずつ進歩し、世界を目指して頑張りたいと思っています」とコメントしている。
また、アディダスがテーラーメイドを売却したことで、動向に注目が集まっていたテーラーメイドとクラブ契約を結ぶ選手のうち、17年にセクシークイーン旋風を巻き起こしたアン・シネ(韓国)、塩見好輝、幡地隆寛、永峰咲希、松森彩夏、大西葵、宮田成華とアパレル・フットウェアの契約を継続したことも併せて発表された。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ラケット使いのDNAを継ぐ森田遥、ヨネックスとの契約は大正解
森田遥がヨネックスと用具契約を締結「このクラブで世界で活躍する選手になりたい」
合計平均パット1位の森田遥 ジエとは異なるショートゲームの上手さが際立つ【翔太のスタッツNo.1】
【辻にぃスイング見聞】アジャストの上手さ際立つ森田遥 悪癖直ればさらに飛距離は伸びる
コースに合致した森田遥のスタイル “当たり前のこと”を当たり前にできる強さ【辻にぃ見聞】