スウェーデン戦後、悔しい表情で競技場を出る南北合同チームの選手ら=12日、江陵(聯合ニュース)

写真拡大

【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪アイスホッケー女子の南北合同チーム「コリア」は13日午後に予定していた練習を取りやめた。14日に最終戦となる日本戦に臨む。

 合同チームが練習を取りやめた理由は確認されていない。

 合同チームは12日、世界ランキング5位のスウェーデンに0―8で破れ、準々決勝進出を逃した。

 スイス戦に続き2試合連続で0―8の大敗を喫し、一部の選手は悔しさに涙をにじませた。

 マレー監督は選手らが2試合連続の大敗にショックを受け、意欲を失っており、練習は意味がないと判断したとみられる。