画像提供:マイナビニュース

写真拡大

先日、仮想通貨取引所「コインチェック」から仮想通貨「NEM(ネム)」が流出するという事件が起こりました。「仮想通貨って一体何? 」という人も、この出来事をきっかけに仮想通貨に興味を持ったのではないでしょうか。

流出というショッキングなニュースではありましたが、これを機に、仮想通貨の持つ可能性に初めて気が付いたという声も聞かれます。さて、仮想通貨の中でも最もよく知られているのが「ビットコイン」です。ビットコインとはどのようなものなのでしょうか。

「仮想通貨に興味はあるけど、いまさら他人に聞けない」「正しく理解しているか、いまいち自信がない」という人は、ぜひ参考にしてください。

○そもそも、仮想通貨って?

ビットコインの説明に入る前に、仮想通貨がどのようなものなのかを確認してみましょう。仮想通貨とは、文字通り「仮想の通貨」のことです。実物は存在しませんが、通貨ですので当然お金として利用が可能です。

仮想通貨でオンラインショッピングをしたり、日本円に換金したい場合は、その時のレートで日本円に換金したりすることもできます。また、円やドルと同じように、仮想通貨にも貨幣単位があります。たとえば、これから説明するビットコインの単位は「BTC」と表記され、「1BTC」などと数えることができます。

仮想通貨の仕組みをもう少し詳しく説明していきましょう。仮想通貨とは、インターネット上の「取引データの集合体」を指しています。たとえば、仮想通貨取引所を通じてAさんからBさんに何らかの仮想通貨を送金すると、その取引は「P2Pネットワーク」という個人同士のつながりで成り立つネットワークに送られ、インターネット上にある電子台帳に記録されます。このデータは、世界中の使用者全員が閲覧可能で、不正防止につながっています。これが信用となることで、現物のお金がなくても取引ができるのです。

また、仮想通貨はコンピューターによって自動発行され、国が介入しない通貨であるという特徴があります。それとは対照的に、円は日本の中央銀行である日本銀行が発行元となり、管理も行われている「中央集権型の通貨」と言うことができるでしょう。非中央集権型の通貨である仮想通貨は、管理者がいないことから、送金や決済時の手数料があまりかからないといったメリットがあります。

○最もよく知られるビットコインとは

ビットコインは2008年、「サトシ・ナカモト」と名乗る人物がビットコインのアイディアを論文にしてインターネット上に公開し、それを元に、プログラマーたちがシステムを構築したことが始まりです。

では、ビットコインで何ができるのでしょうか。ビットコインを利用すれば、通常の通貨と同じように、個人や企業間問わず商品やサービスの対価として支払いができます。

この時、銀行やクレジットカード会社などを仲介せず、直接送金や決済ができることで、手数料が無料もしくは格安になります。世界的な経済活動の円滑化を主な目的として作られたビットコインですが、これは非常に大きな特徴でしょう。

また、銀行等を経由しないことで、取引に制限がないといった点もメリットです。異なる国同士でも、ビットコインを使えば同じ通貨で取引ができますので、便利ですね。

一方で、課題もあります。世界中で流通するためには、ビットコインが利用できる店舗がさらに広がる必要があることです。ビットコインで決済できる場はすでに世界中に存在していますが、ますます利用の機会が増えることが期待されています。

また、ビットコインには発行量が定められています。約4年ごとに半減されながら発行されていき、2140年までには2100万枚のコインまでと決められているのです。これは埋蔵量に制限のある金と同じで、上限があることでその希少性に価値が付けられています。だからこそ、ビットコインには需要が集まり、昨今の爆発的な値上がりにつながっているのです。

○ビットコインを買うにはどうすればいい?

仮想通貨やビットコインの可能性について知ると、「自分もビットコインを持ってみたい」と感じた人もいると思います。それでは、ビットコインを買うにはどうすればいいのでしょうか。

ビットコインは、「ウォレット」という銀行口座に当たるものに保存されています。ビットコインを保有にするには、まずウォレットを作成する必要があります。ウォレットを持つにはビットコインを取引するプログラムをパソコンにインストールするだけで完了しますが、自分の資産を守るためには、日本の「仮想通貨法」に基づいて運営されている、金融庁に登録済の取引所で口座を作るようにしましょう。

取引所で作成したウォレットでは、ビットコインを送金したり受け取りができたりするだけでなく、ビットコインの「現物取引」「信用取引」のほか、「証拠金取引」などを利用することができるようになります。また、ビットコインは株価などと同じように、チャートによって売買の状況や価格がわかるようになっています。

新しいお金として注目を集める仮想通貨。今後、仮想通貨が私たちの生活の一部として定着するかどうかは未知数ですが、これからの発展に大きな期待が寄せられていることは事実でしょう。仮想通貨やビットコインからは目が離せなくなりそうです。