現状、吉祥寺のパンケーキは、ゆるふわのスフレ風パンケーキがなんとな〜く台頭中である。いまひとつパンチにかけるんだよねぇ。おっさん女子的に普通のパンケーキが食べたいんですが……。しかし2017年秋、吉祥寺に新しいパンケーキが上陸したんですよ!!!!!!!

吉祥寺のトレンドパンケーキは、ドイツ風じゃね? の件

現状、吉祥寺のパンケーキは、ゆるふわのスフレ風パンケーキがなんとな〜く台頭中である。

詳しくは連載21回を参照だが、いまひとつパンチにかけるんだよねぇ。

おっさん女子的に普通のパンケーキが食べたいんですが……。

しかし2017年秋、吉祥寺に新しいパンケーキが上陸したんですよ。

それは『カイザーシュマーレン』なのであ〜る!

この聞きなれない名称は、ドイツ語でございます。

そう、オーストリアやドイツ・バイエルン州の人気デザートなんである。

ちなみに語源は所説あって論争になってるようですが、オーストリア皇帝が好んだパンケーキってことで、「皇帝のパンケーキ」と言われているみたい。

基本的に小麦、砂糖、牛乳、卵で作った生地をフライパンで焼き上げて、一口サイズに切って、なぜかちょっと崩して、その上にクリームとかフルーツジャムとかをトッピングして食べるお菓子のようです。

イラスト/スタジヲワンツー

たぶん、東京だと食べられるところがそんなにないと思う。

しかし、吉祥寺にオープンした中道通りのドイツ料理レストラン『S』では、ドイツ風が食べられます。

で、ですね……。

食べてきました! 

『カイザーシュマーレン』を!

ちなみに『S』は、ランチタイム、カフェタイム、ディナータイムの3部制になっていて、どんなタイミングでも店が利用できて、使い勝手がいいですよ。

『カイザーシュマーレン』は、カフェタイムに登場。

ついでに紹介すると、ビールのアイス『ブラックビアアイス』とかもあるよ。

さすがドイツ料理店!

私はベーシックなものをオーダーしたんだけど、フルーツコンポート&フルーツソースや、チョコレートをトッピングしたものもあるよ。

見た目的には、小さいフライパン風の器に乗って登場。

けっこうドーン!って山盛りのホイップクリームが乗っかっていて、若干不安になったのですが……。

いや、しかし甘さ控えめ。

本体のパンケーキは、どちらかというとフレンチトースト風味ですな。美味しいよ! 

外側カリカリで、内側もっちり。

おっさん女子の私が太鼓判を押す、さすがの「皇帝」感!?

実は、私、スフレ風パンケーキのゆるふわテイストが苦手なんだけどね。

たぶん、それは私がおっさんマインドだからだな(断言)。

その点、カイザーシュマーレンは、存在感が違う。

さすが、皇帝のパンケーキ。

おっさん女子と親和性があります……(苦笑)。

おっさん女子的には、なぜか「一口大」に切って、さらになぜか「崩して」出すというざっくり具合が好みです。

所説あるみたいだけど、お抱えの料理人が失敗したパンケーキを皇帝が面白がって食べて、気に入ったというエピソードがある模様。

きっとこの皇帝も、おやつくらいざっくり食わせろ、っていう人だったのではないか(超妄想)。

個人的に細かいことをいう男が苦手なので、きっとこの皇帝はいい人だと思う(笑)。

そして美味しいよ、カイザーシュマーレン!

天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま〜に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。