2017年1〜9月に自主返納の高齢ドライバーは18万4897人(depositphotos.com)

写真拡大

 85歳の容疑者は、半年前ごろから、車を車庫に接触させるなどの物損事故をくり返していた。再三にわたる家族の免許返納の説得も無視し続けたため、今年の年頭には「カギを隠す」旨を宣告されていた――。

 しかし、1月9日の朝、一瞬の隙をついて家族の目を盗み、通常よりも2時間早く車を発進させて、市内の老人福祉センターをめざした。事後の家族証言によれば、当日の老人の体調は良くなかったという。

 群馬県前橋市、午前8時半前――。老人の運転する車は350mほど手前のコンビニ近辺から蛇行運転をしだし、センターラインをはみ出し、交差点で右折待ちしていた他車のサイドミラーに衝突! 

 勢い逆走するかたちで、始業式に向かう女子高生2人をはね(いずれも重体)、その間にも違う車や壁に激突し、自車は横転もした。

 老人と面識もある現場目撃者が事故車に近づくと、老人は座席で胡坐(あぐら)をかいたままで呆然状態。「気が付いたら事故を起こしていた......」とは、自動車運転処罰法(過失致傷)の疑いで逮捕された85歳の容疑者が、警察の調べに対して語ったあまりにも虚しい一言だ――。

自主返納と説得無視の明暗分岐点は......

 85歳という年齢を聞いて連想したのが、昨年(2017年)の『春の全国安全運動』を前に東京都と警視庁が開催したイベントにて、運転免許証を自主返納するセレモニーに臨んだタレントの高木ブーさんのコメントだ。

 「家族の一言で返納を決めた」と動機を語った高木さんは、同イベント直前に84歳になったばかり(今年3月で85歳に)。免許に代わる今後の高木さんの身分証明書となる「運転経歴証明書(パネル版)」を手渡した小池百合子都知事も、こう来場者に呼びかけた。

 「運転に心配な人がいたら、警察に相談してほしい」

 3万170人――。この人数は、75歳以上の認知機能検査が強化された「改正道路交通法」(2017年3月施行)以降、半年間で「第1分類」と判定されて、晩秋に暫定公表された高齢ドライバーの数である。

 「認知症の恐れ」が疑われる第1分類は、「医師による診断を受けること」が義務づけられている。

 上の数字をやや上回る3万2061人――。こちらは大阪府内で2016年、運転免許証を返納した高齢者(65歳以上)の人数で「初の3万人台達成」だった。

 反応率3.43%と聞くと「少な......」と思う方もいるかもしれないが、府警によれば、大阪府の場合、2014年(2.47%)と2015年(3.21%)は「2年連続の全国最高(値)」という。
 
 自主返納した場合、身分証明書の代用として前掲の「運転経歴証明書」が申請できる。また、協力商店などで優遇サービスを受けられるメリットも生じる。

 「そんなので効果あるの!?」と疑う向きもおられるだろうが、じつは「2年連続で全国最高」の返納率を達成した大阪府と府警でつくる府交通対策協議会よれば、これこそがメリット(特典効果)の好例。高齢者の気持ちはなかなか侮れない。

「警察」「医者」「家族」の連携効果

 事実、2017年1〜9月までの間に自主返納した75歳以上のドライバーは18万4897人(認知症機能検査を受けていない人も含む)を数え、その時点で既に年間最多の2016年実績を超えていた。もし「認知症と判断」された場合、公安委員会が「免許取り消し(停止)」処分を行なう。

 一方、認知症の本人たちでつくられた日本認知症ワーキンググループ(JDWG)のように、医師の診断で一律に停止処分になる現行制度は「認知症の正しい理解を社会的に求めている時代の流れに逆行するもの」だとする意見もある。

 また、日本医師会は昨春、高齢者の運転免許更新時に(認知症の専門医ではない)一般医師が診断書を作成する際の手引きを公表。書き方の具体例を示し、運転をやめた人への心のケアなどについても「かかりつけ医が果たす役割」を盛り込んだ。

 ちなみに「認知症に非ず」と診断した高齢者が、のちに事故を起こして認知症と判明した場合、医師の刑事責任が問われる例は通常ない。
 
 しかし、前述の心のケアに加え、「代替えの交通手段や生きがいを一緒に考える大切さ」や、当事者/その家族/周囲の人間との協議、その信頼関係の必要性を手引きは謳っている。

 警視庁は2017年秋、地域や道路を限定した高齢ドライバー用の「条件付免許」の導入に向けた分科会の発足を発表。同時に、自動ブレーキや踏み間違え防止機能などを備えた「安全サポート車」についても検討を進める(2018年度中に方向性を取りまとめる)。

 現在あるいは近い将来、近親者が「高齢ドライバー」と呼ばれる域に入るという方々は、どうか「家族の一言」の大切さと伝え方を肝に命じよう。始業式の朝に起きた群馬県前橋市での惨劇は、痛ましい傷痕と同時に多くの教訓を残した事故と言えるだろう。
(文=編集部)