“アイドル級”韓国代表イ・ミナの初挑戦に母国紙注目 「日本でもキュートなルックス話題」

写真拡大

日本語の勉強に精を出すイ・ミナ、プレースタイルは“日本向き”で「相応しい舞台」

 昨年12月に日本で行われたE-1選手権で、韓国女子サッカー代表の10番として出場したイ・ミナは、今季からなでしこリーグ(日本女子サッカー)1部のINAC神戸レオネッサに移籍した。

 母国でアイドル級の人気を誇るイ・ミナの挑戦に韓国紙「スポール・ソウル」も注目し、「イ・ミナは初の海外生活を楽しんでいる」と伝えている。

 26歳のイ・ミナにとって、INAC移籍は初の海外挑戦だ。同記事では「日本では一人でやらなければならない。食事、掃除、洗濯なども全て」と伝えており、電話取材に応じてくれたという。

 イ・ミナは「母親がおかずを送ってくれた。レシピを見ながら作ると、思ったよりおいしい。料理の才能があるかもしれない」と冗談交じりに語ったという。また「家庭教師を付けたのでしっかり勉強しないといけない。日本のことをよく知らないから心配」と打ち明けている。

 もっとも、イ・ミナのプレースタイルは日本向きと同紙は指摘。「日本はパス中心の試合をする。技術に優れるイ・ミナに相応しい舞台だ」と記している。イ・ミナは卓越したテクニックを備え、コンビネーションを駆使して局面を打開するアタッカーだけに、本人も「適応することができると信じている」と意気込んでいるようだ。

イ・ミナが指標とする選手とは?

 可愛らしい容姿と確かな実力を兼ね備えたイ・ミナは、韓国で高い人気を誇る選手の一人だが、同紙は「韓国と同様に、日本でもキュートなルックスが話題だ」と報じている。だがイ・ミナは「私はサッカー選手。実力を示すことがより重要になる」と冷静沈着で、韓国代表で10番を背負った自覚を垣間見せている。

 イ・ミナには指標となる選手がいるという。「女メッシ」の異名を持ち、現在チェルシーに在籍するMFチ・ソヨンだ。1991年生まれの同年代で、チ・ソヨンは2011年から13年までINACに在籍。13年にアジア女子年間最優秀選手賞を受賞し、14年から欧州へと渡っている。

 チ・ソヨンと同じINACに加入したイ・ミナは、「彼女にはまだ程遠い。もっと成長しないといけない。いつも不十分だと感じているし、満足したこともない」と貪欲に成長を求めている。日本移籍は大きなチャレンジであり、同紙はここまでについて「イ・ミナは初の海外生活を楽しんでいる」と期待を込めている。

 なでしこリーグは3月21日に開幕するが、イ・ミナはINACでどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images