クリスマスの次の日から、「 恭喜發財(コンシファツァイ=普通話)」と、今年も儲かりますように!と中華系らしい願をかけ、このように旧正月(春節)、今年の干支「戌」にちなんだ様々な縁起物がショッピングモールやオフィス、花屋さんなど公共の空間を華やかに、賑やかに飾っている(クアラルンプールのショッピングモール、筆者撮影)


 「小さい頃から、犬が大好き」――。

 イスラム国家、マレーシアの獣看護師、リサさんは、患者のヨークシャーテリアのベッキーを手でやさしく撫ぜながら、処置を施す。

 24時間体制の動物総合病院「アニマル・メディカル・センター」(クアラルンプール)は開業46年、マレーシアで最も歴史ある動物病院。

 獣医師のパイオニアである創業者のシーバ医師は80歳を超える今も、息子のアミラン医師らとともに、毎日多くの患者(動物たち)の治療に奔走している。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

イスラム教でも犬はタブーではない

患者のヨークシャーテリアの処置を施す イスラム教徒で獣看護師のリサさん(写真右)。「犬は大好き。『犬が不浄』というメディアや世界のイスラム教徒への一般的な教義への認識は、間違っている」という(クアラルンプールの24時間運営の動物総合病院「アニマル・メディカル・センター」、筆者撮影)


 患者には、ナジブ首相の愛猫や日本人など外国人の愛犬なども抱え、リサさんは「イスラム教の教義では、犬を含むすべての生物へのケアや愛護精神を促している。世界では『イスラム教徒にとって犬はタブー』と言われるが、間違っている」と指摘。

 「実際、マレーシアではすべての動物の虐待防止を目的にした新法、動物福祉法が2015年、施行された。当然、犬にも適用される。1953年制定の動物法より、厳罰を科し、野良犬の射殺による駆除も禁止された。」(アミラン医師)とし、今年1月にはイスラム教徒の裁判官による裁判で、マレーシアで犬を虐待したシンガポール人に罰金と有罪判決が下されたばかりだ(参照=http://m.themalaymailonline.com/malaysia/article/singaporean-gets-rm8000-fine-for-whacking-dog-with-crash-helmet)。

 さらに、「クルアーン(英語読みはコーラン)には、『犬は不浄なもの』とは記されていない。預言者ムハンマドが言った言葉で、その解釈は、様々。宗派によっても、個人によっても犬への接し方や対応はそれぞれなんです」(リサ獣看護師)と教えてくれた。

 主要な外国メディアは(ロイターや英デイリー・メール=AFP配信、 https://www.reuters.com/article/us-lunar-newyear-malaysia/in-year-of-the-dog-malaysia-plays-down-skirts-dog-decorations-idUSKBN1FB173、http://www.dailymail.co.uk/wires/afp/article-5315783/Who-didnt-let-dogs-New-Year-canines-stashed-away-Muslim-Malaysia.html)、今年の旧正月(2月16日)を前に、アジアの中でもとりわけ、中華系を多く抱えるマレーシアで、戌年の今年、「犬が不浄」とされるイスラム教徒との対立を避けるため、干支である犬の飾り物が自粛気味であると報道。

 マレーシアでは、約3200万人の国民の約61%がイスラム教徒だが、同時に国民の約20%が中華系を中心とする仏教徒が占め、仏教が第2の宗教でもある。

 しかし、どうやら、この報道の根本的な“背景”、さらに実態は少し違うようだ。

 昨年のクリスマスの翌日からは、赤や金色を基調とする派手な提灯とともに、中華系が多く集まるショッピングモールだけでなく、イスラム教徒も訪れる旧正月用の花を売るフラワーショップなどで、今年の干支の「犬の飾り物」が、数多く、並べられた。

 中には、イスラム教徒の家族が「チャンティ(マレー語で『かわいい』という意味)、チャンティ」と犬の飾り物を手に取りながら、目を細める姿にも、出くわす。

 大学の同僚である宗教学の専門家は次のように話す。

犬そのものではなく犬の唾液が問題

 「イスラム教で『不浄』とされているのは、犬そのものではなくその『唾液』。イスラム教の預言者ムハンマドのスンナ(言行)であるハディースでは、犬の唾液が体に付着したら、7回洗うように伝承されている。7世紀当時、狂犬病の犬を避けるための教えで、同じイスラム教も国によって教義の解釈や運用も大きく違う」

 確かに、中東諸国でも、特にトルコやドバイ、イスラム最大国のインドネシアは(アチェなどは除く)、イスラム教義に寛容なところがあり、上述の同僚もインドネシア人だが、愛犬と愛猫が家族の一員だ。

 イスラム教義やハディースは、犬との対立を煽ったり、犬に対するいじめや加害を奨励、指導するようなものではないという。

 上述の宗教専門家によると、イスラム教には様々な宗派、流派がある。犬に対する対応もそれぞれ全く異なる。

 「スンニ派のマーリクは、犬は全くタブーなものではない」

 一方、同じスンニ派のハナフィは、犬の唾液はご法度だが、体には接触することが許される流派。

 さらに、犬が不浄なもので、触ることが咎められ、触った場合、手を洗浄するなどの流儀が定められているのも同じくスンニ派だが、シャーフィというもので、様々だ。

 一般的な日本人と同様、お正月や法事などの時以外は、宗教的なムードにならない筆者がいうのも憚れるが、仏教、キリスト教など、宗教というのは宗派、流派が多種多様だ。

お国によっても様々だが、今回、“戌年の騒動”を主要な海外メディアが報じたマレーシアでは、スンニ派の「犬は全くタブーではない」とするマーリク、さらにハナフィが許されている。

 さらに、今年の戌年でマレーシアでそのような報道が出回る理由は、旧正月後に(4月、6月説が浮上)5年に1回の総選挙が控えていることも大きい。

 宗教を政治的ツールに利用するのは世界の常だ。日本でも政教分離は定められているが、現実の世界ではそう単純ではない。

宗教が政治に利用されるもう1つの理由

 マレーシアでは政治的に利用されるもう1つの理由がある。人口の大多数をイスラム教徒が占める世界最大のイスラム教国であるインドネシアや中東諸国と比較し、マレーシアではその比率が61%と比較的少ないことが挙げられる。

 そのため、常に民族間の政治的パワーゲームの主導権拡大のために宗教を利用し、人口分布での力関係を維持、誇示することがムスリム社会をリードする政府に必要だからだ。

 実際、マレーシア政府のイスラム開発局(JAKIM)は、犬との“過度の”接触はイスラム教に反するとし、原則、犬を飼うことはいけないという姿勢で、選挙前には「宗教道徳Gメン」も街中に蔓延る。

 米国の有名チェーン店のホットドッグの名称にノーを突きつけたこともある。

 しかし、そうした政治的利用や一部の政府の動きに反発するイスラム教徒もいる。

 数年前、首都のクアラルンプール郊外の公園であるイベントが開催された。筆者も取材したのだが、イスラム教徒がもつ犬への不安や抵抗感を取り除き、犬と触れ合おうという趣旨のイベントで、主催したのは、自らもイスラム教徒の薬剤師、サイド・アズミ・アルハブシさんだった。

 数百人のイスラム教徒たちが参加した中、サイドさんは「イスラム教徒のもつ犬への恐怖心を取り除いてもらい、人間も含めたすべての動物への愛護の気持ちを養ってもらいたかった」と話していたことが印象的だった。

 当然、イスラム教聖職者たちへの冒涜だとする非難もあったが、イスラム教の教義への理解や解釈は様々だ。

 さらに、マレーシアは世界屈指の多民族国家。マレー系だけでなく、中華系やインド系、さらには先住民族も暮らし、宗教の割合も、イスラム教が61%、仏教が20%、キリスト教が9%、ヒンドゥー教が6%で多種多様だ。

 国教こそイスラム教だが、イスラム教以外の信教の自由は憲法で認められており、要するに、他国に比べて寛容な国である。

それぞれの宗教の新年行事が休日に

 それは外国人にもそうで、「米国や中国などにいたときにはない開放感があり、外国人という“異邦人”意識を抱かせないお国柄だ」と日本人を含む様々な国の人から聞く。

 旧正月、ハリラヤ、クリスマス、ディパパリなど、それぞれの宗教の新年や主要な行事も、国の休日になっているゆえんだ。

 イスラム教、中国仏教、ヒンドゥー教のそれぞれの寺院が至る所に混在し、普通、考えたら喧嘩にでもなりそうなものだが、ならないところが、これまた、まか不思議。

 しかし、動物に関しては日本人としては、困惑することが多い。

マレーシア政府所有の国営石油公社「ペトロナス」が’運営するかつて世界一のアジア屈指の超高層ビル「ツインタワー」 (タワー1は、日本の建設会社『ハザマ』が施工)にあるKLCCのショッピングモール。会場にはマレーシアのマレー系(イスラム教)をはじめインド系(ヒンドゥー教)の家族が、中華系のお正月の旧正月の特設デコレーションブースで記念撮影する姿が多く見られた(筆者撮影)


 イスラム教徒にとって穢れた豚を食する人がいると思えば、ヒンドゥー教徒にとって神聖な牛を生贄にするイスラム教徒。さらに、一部、禁忌とされる犬を「家族の一員」として迎え入れたり、 「最良の友、水先案内人」と して12年に1回、新年の干支にちなんで敬う人がいる・・・。

 ヒジャブを被ったイスラム教徒が、クリスマスツリーの傍らでニッコリと笑って、記念写真を撮る風景は、2月16日の旧正月を前に、アジア屈指の超高層ビル、国営石油公社「ペトロナス」が所有するツインタワーにあるKLCCのショッピングモールに飾られた中華系お正月の特設ブースでも同じように見られる。

 そんな風景は、様々な宗教の行事を楽しむが、旧正月を祝わないアジア圏にある西暦の、しかも無宗教に近い日本人にも共通するところかもしれない。

 ある現象を一部傾向に結び付けて伝える世界のメディアに、戌年だからこそクローズアップされた、多民族国家のマレーシアのイスラム教。

 そこには、見えない異文化との葛藤が日々あっても、典型的なイメージしか持たない日本人が知らない奥深さと多様性が混在している――。

(取材・文 末永 恵)

筆者:末永 恵