「恵方巻」を巡って、近年は議論が巻き起こっているようです。

 兵庫県内のスーパーマーケット、ヤマダストアーが恵方巻の大量廃棄は「もうやめにしよう」との意見広告を出し、話題になっています。

 「スーパーマーケットは完売よりも多く品揃えするのが普通のこと。原価から考えて、余剰分は捨てればよい。ともかく売り上げ至上主義でいいのか?」という小売現場からの率直な声をくんでのことのようです。

 実にまっとうな話だと思います。

 毎年、コンビニエンスストアなどの店頭には、節分の夕方になっても大量の恵方巻が売れ残り、ここぞと当て込んだ高めの価格が棒引き状態となっても山のように賞味期限切れが発生。

 それどころか、食品工場で余分に仕入れた具材がさばききれず、そのまま産廃工場に直行といったケースも少なくない。

 こうした現実が報道されるようになり、近年「恵方巻商法」に対しては、社会の厳しい視線が向けられるようになりました。

 現在40代以上の人なら、こんな「風習」は子供の頃、日本全国におよそ存在しなかったのをご存知でしょう。いつのまにやらコンビニ発の新商法として普及した。その過程を追いつつ、その底に流れるいくつかの問題を考えてみたいと思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

「恵方参り」はあったけれど

 宗教学者の島田裕己さんによると、江戸時代から縁起のいい方角のお宮に参る「恵方参り」は、伝統的に存在していたとのことです。

 それが「巻物」になる過程は、どうも正確な経緯が知られていないらしい。

 ただ、どうやら「巻き寿司」という食物そのものの存在が史料に残され始めるのが江戸中期、1700年代半ばあたりからのことで、それを包丁で切り分けて食する、今日でも一般に寿司屋で供されるような形で普及したことは間違いがなさそうです。

 巻き寿司を切り分けもせず「丸かぶり」というのは、率直に言って大変「下品」な食習慣と私は感じます。

 これは、両親とも大正生まれで、比較的古い家の厳しい躾で育った、いまや恐竜化しつつある旧人類の私の感じ方なのだと思いますが、いろいろな意味で理由のないことではありません。

 本稿の準備でブレインストーミングを兼ねてSNSにこの種の投稿をしたところ「おにぎりとか、いくらでもカブリつく食べ物あるのに、なにドヤってるの?」的な子供の書き込みがありました。

 なるほどと感心、と言うか諦念に近いものを感じました。受けてきた教育、常識の喫水線がかけ離れているのです。

 1960年代、我が家では「歯型がついた食べ物を人様に見せる」などということは、決してあってはならないこと、大変恥ずかしいこと」と教えられました。

 口の中にモノが入ったまま話す、とか、それで口の中のものが見える、といったことはあってはならない。

 歯型がついた食物というのは、それと同じで、一度歯が当たったものは口に入れたのと同じことだから、決してそれが見えるような所作で物を食べてはならない。

 食物は、箸であらかじめ口に入る十分小さな大きさに取り分けて食すること。

 ついでに言えば、一般に「椀」と名のつくもの、お椀、茶碗は口につけてもいい場合があるが、ご飯茶碗は決して唇と接してはならない。

 お茶漬けが食べられないことになりますが、食器に口が触れるというのは犬畜生のすることで人の所作ではありません、なんていう、まあ大時代ががったこと著しいですが、そんなマナーを叩き込まれました。

 母方は外交の家で明治中期から米国在住だったこともあり、封建期からのこの種の所作に洋風のマナーが加わって、第三者から見れば窮屈な作法が素になってしまいました。

 いまでもそれが地ですが、あえて、わざわざ「下品なこと」をして喜ぶ、という偽悪的なことも私は嫌いでありません。

 ソフトクリームをぺろぺろ舐める・・・。「そんなことしてはいけません! スプーンで頂きなさい!」とか怒られました。

 蕎麦を音を立てて啜る・・・。言わずもがなでしょうが、わが家では食事に当たって音を出すなどタブー中のタブー、食器を口や歯に当てるのと同様、動物の所作で人のすることではないといった教えられ方でした。

 いま考え直すと、いろいろ問題の面もあったかと思います。

 ただ、我が家の場合、こうしたマナーの大半には「なぜそうなのか?」という理由がついて教えられたので、納得しながら素になった面があると思います。

 1908年にミシガン大学を出て米GM(ゼネラル・モーターズ)のエンジニアだった祖父は、一つひとつに理由をつけて末娘だった私の母にマナーを教え、それをそのまま押しつけられました。

 大半は「衛生面」の理由で説明され、一部は合理的、一部はむしろ美観にかかわり、あまり合理的ではないのですが、要するに

 「世の中は雑菌に満ちており、体の中は免疫が働いているが、外に出た次の瞬間からばい菌繁殖の天国のようになってしまう」

 「人間の手の表面も雑菌だらけである。食べ物は衛生安全に配慮して調理したものを、食器を介して食し、食べかけなどは一切外に出さない、また外に見せない」

・・・式の教育。

 これと、大正生まれですから戦時中の育ち盛りを半飢餓状態で過ごしたため、一切ものを残さないという食の倫理が一体化して、わが家の皿の上は、フォークやナイフ、箸を用いながら舐めたようにきれいにものがなくなるのが「正しい所作」とされました。

 フライドチキンでもロブスターでも、ちょっと慣れればフォークできれいにすべての身を剥がすことができます。

 いま私がここでいただかなければ、このために命を落としてくれた鶏や海老に申し訳が立たない。せめてきれいにすべていただいて、感謝して1日を生きるべき・・・。

 こんな食のマナーと倫理を叩き込まれた旧人類ですので「恵方巻大量廃棄」など、言語道断と言わざるを得ません。

 さらに許しがたいのが、この「丸かぶり」という食の所作です。

遊郭の「あそび」としての丸かぶり

 大きく見て大正時代の初め、つまり、もう20世紀に入ってから、主として新しいたくあんなど香の物が漬かった時期、「お新香巻」をまるのまま銜(くわ)え「恵方」の方を向いて黙って食す、という「新風習」が花街すなわち遊郭で発生した「らしい」。

 「通常の町屋ではほとんど行われず、聞いたこともない」といった内容を食物史学者の篠田統(1899-1978) が昭和40年代に記しています。

 19世紀歳末年の大阪で生まれ、明治大正期に育った京都大学の理学博士が、70代になるまで聞いたこともなく、どうやら花街で誕生した習俗「らしい」と書くのは、遊女・・・露骨に書けば売春婦が太巻きをまるまるクワえる、という図式に含まれる、ある種の卑猥なコノテーションに配慮した面があるように思われます。

 良い旦那がつきますように・・・。

 つまり、遊郭に通ってくるお客で、カネ離れのいい馬鹿男が常連になってくれますように、と特定の方向を向いて、微妙なサイズと長さをもつ食物を口にくわえてみせる、という所作自体が、およそ一般家庭で家族や子供に真似させたい類の行為ではないように思うのは、私だけでしょうか?

 これまた大正教養主義、旧制高校趣味などと批判されるでしょうが、「そんなお行儀の悪いこと、やめなさい!」という一喝でおしまい、としか正直言いようがありません。

 資料によれば、1989年に広島エリアのセブンイレブンで、2-8と言われる消費の冷え込む時期に縁起物として巻き寿司を売り出すキャンペーンを開始、90年から本格化し95年頃、関西エリアに普及、98年から全国展開・・・。

 「恵方巻」なる新習俗は、たかだかインターネットの普及と同じ程度の歴史しか持たず、伝統のような顔をしながら「あっちむいてホイで食べ物を食べると運勢が良くなる」的なプチ霊感商法をトッピングした、新手の消費拡大戦略でしかないことが分かります。

 さらに、売春宿で遊女が咥えていたのがたかだかお新香巻だったのに、やれ「海鮮恵方巻」だ「肉巻」だ、と変に豪華版が出、「七つの海鮮の具材で開運間違いなし」的な商売に至っては、ヤクザの盃儀式のようです。

 伝統でもなんでもない、最近作った都市伝説みたいなもので、何をかいわんやです。

寿司のハンバーガー化:背景にあるプラスチック普及

 コンビニエンス・ショップで売られるおにぎりの類は、一般にプラスチック製のフィルムでラッピングされています。

 もう大学生になっていた頃でしょうか、コンビニのおにぎりで、海苔が1枚フィルムを隔てて格納されており、食べる直前に包装を剥がすと、ぱりぱりの海苔で食べられる(いまではごく普通になった)おにぎりを初めて食べたときの驚きは、現在でも鮮烈に覚えています。

 上記「恵方巻商法」が出始めた1989年頃だったかもしれません。

 こういうことが可能になった背景に、寿司の国際輸出と、ある種の食べ方の逆輸入、例えば「カリフォルニア巻き」みたいなものがあるような気がします。

 ビニールなど、ポリマーで衛生的に包装されたおにぎりや巻物は、ちょうどマクドナルドのハンバーガーが紙で包まれているのと同様、ハンディで気軽に「手で」食べられる。

 昨今の消費者意識としては「手が汚れない」が第一かもしれませんが、私たち古い教育を受けたものには「手の雑菌がつかない、衛生的な食べ方」という印象の方が、率直に当初は強く感じられた。

 チーグラー・ナッタ触媒の発明によってポリエチレンなどのポリマーが本格的に社会を変え始めたのは1960年代以降のことと思います。ネットワークコンピューターも並行して普及し、サプライ・チェーン・マネジメントが物流を大きく変えるようになった。

 そのような過程で1960〜70年代、スーパーマーケットや、上記セブンイレブンを筆頭にコンビニエンス・ショップのチェーン展開が小売業を大いに変質させていった。

 私にとっては幼少期にそれらが生まれ、大学を卒業する頃から本格的に業態が変化していった。

 先ほど記した「恵方巻商法」発祥の年1989年、私は24歳でしたので、その過程で発生した「マナー」の変化に、古い時代に人となりを養った旧人類の私が違和感を持つのは、至極当然だと思います。

 では、時代が変わったから、現在の食品衛生その他にかんがみて不潔でもないし、マナーなんて時とともに変化して当然だから、また営業成績は右肩上がりでないとやってられないから、「恵方巻商法」的な食べ物の浪費、無用に高価にして大量に作りおき、盛りを過ぎたら大量廃棄といった食べ物を大切にしない新習慣を、私たちは是とすべきなのか?

 お米の一粒も無駄にしない、お百姓さんが泣くよ、といった文句は、今日の社会や、生活習慣病が取り沙汰される食生活の現実には合致していないのかもしれない。

 それでも、あえて私は声を大にせざるを得ないように思うのです。

 「恵方巻商法」が端的に示すような、食べ物を大切にしない無駄は、もういい加減、やめにしませんか?

 後から因果応報で、大きな罰が人類社会全体に当たるような気がしてなりません。

筆者:伊東 乾