バイクに限らず、古びた感じを再現するビンテージ調のアイテムが人気の昨今。もしも、旧車バイクをさらに古い年代のテイストで仕上げたとしたら? オーストリアを拠点とするビルダーの「TITAN」が作り上げたのは、そんな思いを具現化したようなカスタムバイク『ONE』だ。

【詳細】他の写真はこちら



ホンダの『CB350』をベースとしたこのマシン。スリムな車体を眺めていてひときわ目を惹くのが、古びたチェアのような風合いの木製サドルだろう。オリーブ木材から製作されたというこのサドルは、補修跡も相まってなんとも味わい深い風合いがある。その一方で、長時間の乗車でお尻が痛くなるのでは……と一抹の不安が脳裏をよぎる。



サドルはさておき、オーガニックレザーで覆われてたハンドメイドのチタン製タンクは、見れば見るほどカッコいい。イタリアンバイクなどではオプションで用意されていることもあるレザー製のタンクカバー。国産バイクのオプションとして見かけることはまずないのだが、国産メーカーもぜひ採用を検討してほしいものだ。



タイヤはレーシーな18インチのスリックタイヤ。フレームにも改修が施され、トライアンフ『675 Street Triple』のダンパーが仕込まれているという。



「TITAN」によればリクエスト次第ではこの車両の販売も検討するとのこと。興味があれば、ぜひビルダーと連絡を取ってみてほしい。

関連サイト



ONE

text塚本直樹