(写真提供=FA photos)

写真拡大 (全4枚)


(写真提供=FA photos)


本日2月12日は韓国サッカー界の英雄ホン・ミョンボの誕生日である。

韓国では“永遠のリベロ”、日本では“アジア最高のリベロ”とも呼ばれるホン・ミョンボは1969年2月12日にソウルで生まれたので、今日で満49歳。現在も数え年を使うことが多い韓国的にいえば、今年で50歳となる。

若いサッカーファンの間でホン・ミョンボというと、監督の印象のほうが強いかもしれない。

2012年ロンドン五輪の男子サッカー3位決定戦では関塚ジャパンの前に立ちはだかり、2014年ブラジルW杯では韓国代表の監督に。2015年から約1年半、中国でも采配を振るっている。

ただ、1993年のJリーグ創設時からのサッカーファンからすると、「あのホン・ミョンボが50歳?」だろうか。

日韓のサッカーを熟知している人物

それだけ月日が流れたわけだが、振り返るとホン・ミョンボほど韓国と日本を熟知している人物はいないかもしれない。


(写真提供=FA photos)


1993年に韓国人選手として初めてJリーグにやってきたノ・ジョンユン以降、数え切れないほどの韓国人選手が日本にやってきて、今やJリーグにおいて韓国勢はブラジル勢に次ぐ外国人勢力となっているが、その礎を作ったひとりがホン・ミョンボだった。

(参考記事:Jリーグ25周年の今だからこそ知りたい!! 韓国人Jリーガー、あの人は“いま”

21歳で1990年イタリアW杯に出場し、1992年にはKリーグ1年目ながら年間MVPを受賞。1993年10月にカタール・ドーハで行われたアメリカW杯アジア最終予選では韓国の主力として、オフト・ジャパンの前に立ちはだかった。

このとき韓国は日本に0-1で敗れ、「今度、日本に負けたらスパイクを脱ぐ」と語ったとされるエピソードはあまりにも有名だ(後日、このコメントについて尋ねたとき、「ああ、そんなこともあったね。少なくとも僕が出場した韓日戦では負けずに引退できた」と冗談半分で言い返された)。

1994年アメリカW杯ではスペイン戦のFKで、目の覚めるような右足ミドルを決めて、“アジア最強のリベロ”と呼ばれるようになった。

血判状を送りつけられながらも日本に

そして1997年7月にJリーグのベルマーレ平塚に移籍。

当時はまだJリーグでプレーする韓国人選手が少なく、その移籍を反対したファンたちから血判状を送りつけられたりもしたが、「海外移籍の最後のチャンス」と覚悟を決めて日本にやってきた。28歳のときだ。

そんな強い覚悟を持って来日しただけに、チームに与える影響も絶大だった。その存在感が際立ったのが、1999年から2001年までの3シーズン在籍した柏レイソル時代だろう。

韓国人選手として初めてJリーグのキャプテンを務め、レイソルのナビスコカップ優勝に大きく貢献。「日本人選手は勝敗に対して淡白すぎるし、個人主義で人任せなところがある」と言っていた彼は、徹底した勝負根性と自己犠牲の精神を訴え続け、大事な試合前になるとチームメイトを行きつけの焼肉屋に集めて、自腹を切って決起集会を開くこともあった。

本人は「割り勘文化に馴染めなかった」と謙遜していたが、ホン・ミョンボは韓国人Jリーガーがその存在感でチームに好影響をもたらすことを示した、最初の成功例でもあった。

そして、2002年の日韓W杯。キャプテンとして韓国代表のベスト4進出に貢献し、自身もアジア人初のブロンズボール賞(記者投票で決まる大会最優秀選手賞の3位)に輝いた。Aマッチ出場135試合は未だ破られていない韓国サッカー史上最多記録である。

韓国サッカー協会の専務理事に

まさに韓国サッカー界の“レジェンド”であるが、今は韓国サッカー界の事務方トップだ。


(写真提供=FA photos)


というのも、昨年11月に韓国サッカー協会(KFA)の専務理事に就任。KFAの会長職は現代(ヒュンダイ)産業開発のオーナーであるチョン・モンギュ氏が務めているため、実務レベルのトップといえるのは専務理事であるホン・ミョンボなのだ。

そんな専務理事ホン・ミョンボと昨年12月に東京で行われた「東アジアサッカー連盟15周年シンポジウム」の会場で再会したが、その席で強調していたのは東アジアサッカー交流の重要性だった。

日本と韓国で選手生活を送り、中国でも指導者生活を経験した人物だけにその比較論には説得力十分。自身も、その人的ネットワークをフル活用して東アジアのサッカー交流を推し進めたいとも話していた。

奇しくも本日2月12日からは「AFCアジアチャンピオンズ・リーグ2018」のグループリーグが始まる。

昨季、韓国Kリーグ勢は済州ユナイテッドしかグループリーグを突破できず、その済州も浦和レッズ戦で前代未聞の暴力沙汰を起こす後味の悪い終わり方で、ACLの舞台から消えた。

Kリーグ勢が準々決勝前に全滅したのは、ACLが現行方式になってから史上初めてのことだった。後味の悪い結末だったこともあって、「もはや韓国は“アジアの虎”ではなく、“張り子の虎”だ」と皮肉るメディアも多い。

そうしたKリーグの低迷はもちろん、韓国代表も先行き不安な状況にある。

ベトナムで行われたAFC U-23選手権で韓国は4位に終わり、E-1選手権で日本に大勝したシン・テヨン監督率いる韓国代表も1月下旬から2月3日まで、欧州組抜きのメンバー構成で12日間のトルコ合宿と強化試合3試合を行ったが、モルトバに1-0、ジャマイカに2-2、ラトビアに1-0と、2勝1敗の成績を残したものの内容的には乏しかった。

ロシアW杯で韓国を待ち受ける“死の組”(ドイツ、メキシコ、スウェーデンと同居するF組)への不安は、まったくもって拭えてはいない。

そんな状況を、かつて“アジア最高のリベロ”と称賛された韓国サッカー界の実務トップはどう打開していくのか。

数え歳で50歳になった“永遠のリベロ”が、韓国サッカーをいかにマネージメントしていくかにも注目していきたい。

(文=慎 武宏)