◇北朝鮮応援団 きょう屋外で南北選手を応援へ

 平昌冬季五輪のため韓国を訪れている北朝鮮の応援団が12日、初めて屋外で南北の選手に声援を送る見通しだ。この日、平昌の竜平アルペン競技場で行われるアルペンスキー女子大回転には韓国のカン・ヨンソとキム・ソヒ、北朝鮮のキム・リョンヒャンが出場予定だ。

◇韓国の地下経済規模 GDPの19.8%に縮小

 国際通貨基金(IMF)がこのほど公表した報告書によると、2015年に韓国の地下経済の規模は国内総生産(GDP)の19.8%にあたると推定された。地下経済は公式の統計に表れない経済活動。韓国では1991年にGDPの30%に迫っていたが、24年間で10ポイント程度縮小した。

◇サムスン電子会長の借名口座 1500近くか

 サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長の借名口座が1500口座近くに上ると推定される。金融監督院が12日に国会政務委員会の議員に提出した資料によると、監督院がつかんだ李氏の借名口座は、新たに見つかった32口座を合わせ1229口座に増えた。また、警察はこのほど、李氏がサムスングループ役員の名前で口座を開設して脱税したとして、起訴相当の意見を付け送検している。その借名口座数は260で、金融監督院が把握する借名口座を合わせると1489口座となる。

◇昨秋の浦項地震の余震 M2.0以上が一日で9回

 気象庁によると、11日午前5時3分ごろ、南東部の慶尚北道浦項市を震源とするマグニチュード(M)4.6の地震が発生した。昨年11月15日に浦項で発生したM5.4の地震の余震としては最も大規模。この日、M2.0以上の余震は計9回あった。

◇米国防長官 平昌五輪での南北接触の先行きに「言及するには早い」

 マティス米国防長官は訪問先のイタリア・ローマで11日(現地時間)、平昌冬季五輪を機にした南北間の接触が朝鮮半島の平和を導き出す機会になるかについて「言及するには早すぎる」と述べた。また、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の名前を挙げ、「彼が最近、弾道ミサイルを際立たせた軍事パレードを開催したことは、朝鮮半島の緊張を緩和しようとするメッセージを混乱させる」と指摘した。AP通信などが伝えた。