75歳以上のドライバーの事故 軽自動車での致死率は普通乗用車の1.6倍

ざっくり言うと

  • 75歳以上のドライバーの事故における車種別の致死率が明らかになった
  • 軽自動車の致死率は1.22%で、普通車の0.77%と比べると1.6倍
  • 軽自動車の場合、肋骨などを骨折するケースが多いことが原因とみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング