レアル主将ラモス、CL大一番を前に“バス囲み”要望 「不可能なことを成し遂げよう」

写真拡大

14日にPSGとのCL決勝トーナメント1回戦に向けてファンに呼びかけ

 レアル・マドリードは現地時間10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第23節レアル・ソシエダ戦に5-2と勝利。

 同14日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦を前に、調子が上向きつつあることを示した。その試合後、主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは自身のツイッターで試合直前の“バス囲み大歓迎”の旨を発信した。その意図とは――。

 レアルはこの日、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが爆発。エースの今季初となるハットトリックを含め、5発のゴールラッシュでソシエダを粉砕した。ただその一方で、セルヒオ・ラモスやブラジル代表DFマルセロらが並んだ最終ラインは2失点を喫し、CLのパリ・サンジェルマン戦に向けて一抹の不安を残した。

 守備の規律に課題を抱えるチームにとって、14日の第1戦は非常に大事な意味を持つ。本拠地サンチャゴ・ベルナベウで開催される試合では、敵地第2戦をにらんだ際に極力失点は避けたいところだ。その勇気をチームに与えるよう、セルヒオ・ラモスはファンへの期待をツイッターに記した。

「僕らのファンに感謝しているよ。水曜日、僕らは18時30分『サグラドス・コランソネス広場』に集おうじゃないか。鼓動を合わせて、チームカラーを合わせて、不可能なことを成し遂げようじゃないか。マドリード万歳」

試合2時間15分前を指定した理由は…

 CLのキックオフ時間は現地の20時45分と相場が決まっている。

 ラモスがその2時間15分前に同広場をファンとの待ち合わせ場所に指定したのは、チームがこのルートを通る際に数多くのファンがバスを囲み、熱烈なサポートを受けることを見据えてのものだ。この映像が流れるだけでも、クラブとマドリディスタの勝利への執念をPSG側に感じさせられるという、セルヒオ・ラモスの考えがあるのだろう。

 “白い巨人”にとって今季現実的に狙えるタイトルは、CL3連覇のみだ。PSGとの生きるか死ぬかの戦いに、全ての情熱を注ぎ込もうとしている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images