人気のピンク系&赤系アイシャドウ。一重さんや奥二重さんでも腫れぼったくならないメイク方法

写真拡大 (全5枚)

一重さんや奥二重さんには使いづらいイメージのピンク&赤アイシャドウ……



血色が良く健康的に見えるピンク系や赤系のメイクは人気の高いカラー。今、うさぎメイクなどでも注目されている色でもあります。
ただし、ピンクや赤色は膨張色でもあります。一重さんや奥二重さんの中には、「腫れぼったくなってしまった…」「なんか殴られたみたい…」と失敗した経験がある人もいるのではないでしょうか?
そこで、今回は一重さん・奥二重さんのためのピンク&赤メイク攻略方法をご紹介します。メイクのポイントはコチラ!
POINT1 目が大きく見えるアイメイク&眉メイクは欠かさない!
アイシャドウやラインをのせる前に、必ずデカ目メイクを施してください。まぶたの重たい印象が軽減され、パールが強めのピンクアイシャドウを塗っても腫れぼったく見えません。
POINT2 ピンクや赤コスメはポイント使い!
ピンクや赤色の使い過ぎは要注意です! ポイントで使うことで不自然な赤みになりません。

ピンク系アイシャドウを使ったニュアンス旬顔メイク術〜上まぶた編〜



ピンク系アイシャドウを上まぶたに入れる場合は、目尻3分の1の部分にだけ、指でちょこんとのせてください。
これだけでも十分アクセントになってくれます。

ピンク系アイシャドウを使ったデカ目華やかメイク術〜下まぶた編〜



下まぶたに使う場合は、目尻から3分の2くらいの幅でライン状に入れると可愛いです。
下まぶたにラインを入れると目の横幅が強調され、目が大きく華やかに見える効果もあります。

赤色やボルドー系のペンシルアイライナーを使った大人なすっきりメイク術



ただ引いてしまうと、まぶたが腫れぼったく見えたり、かえって目が小さく見えてしまう赤いアイライン。
赤アイライナーを使うときは、目を開けたときにだけ見える目尻部分にだけラインを描き足しましょう。
赤のラインは目立つので、目のキワ全体に引くよりも目尻にだけ部分使いするほうが、目がスッキリ見え、断然オシャレです。

赤系クリームシャドウを使った血色アンニュイメイク術



赤みの強いブラウンやベリー系のクリームシャドウは、そのまま使ってしまうと野暮ったく見えてしまうことあります。
主張の強いこのようなカラーは、目の下全体に指で薄くぼかして入れましょう。目の下チークの効果もプラスされ、健康的な血色メイクが完成します。
血色メイクを目指すなら、薄づきのファンデーションでツヤ肌に仕上げましょう。クリームシャドウとの相性抜群で、アンニュイな雰囲気に仕上がります。

さいごに


ピンクのアイシャドウや赤系アイライナーの使い方をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
一重さんや奥二重さんにとっては、難易度が高く感じでしまうカラーですが、上手に使えば目元を魅力的にみせてくれるカラーです。ぜひ使ってみてください。
ヘアメイクアップアーティスト/新見千晶
AUTHORs編集部