キャリア50個目のトロフィーを手に笑顔の申ジエ

写真拡大

<ActewAGL キャンベラ・クラシック 最終日◇11日◇ロイヤル・キャンベラGC(5,828ヤード・パー72)>
欧州女子ツアーとオーストラリアの女子ツアーによる共催大会「ActewAGL キャンベラ・クラシック」。本日11日(日)に最終日の競技が行われ、日本ツアーを主戦場としている申ジエ(韓国)がトータル19アンダーでフィニッシュ。2位に6打差をつける圧勝劇でキャリア50勝目を達成した。

2009年に米ツアー賞金女王、10年には世界ランク1位に輝いたジエは、2014年から日本ツアーに本格参戦。昨年は「ニトリレディス」、「大王製紙エリエールレディス」で優勝し、4年連続でシーズン複数回優勝を達成していた。舞台となったロイヤル・キャンベラGCでは、2013年に「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」で当時アマチュアだったリディア・コ(ニュージーランド)、当時の世界ランク1位ヤニ・ツェン(台湾)と同組で回り、勝利を収めている。
「とても興奮していて、言葉になりません。(2013年は)リディア・コたちとのラウンドが素晴らしい思い出になりました。今回も若い、素晴らしい選手と回ることができて本当に楽しかったです」と、優勝の喜びを語った。
首位から6打差の2位にミンジー・リー(オーストラリア)、7打差3位にアン・ヴァン・ダム(オランダ)、8打差4位にパーニラ・リンドベルグ(スウェーデン)が入った。
また、日本勢では昨年の5月にプロ転向を果たした中山綾香が出場したが、トータル4オーバーで予選落ちを喫している。
【最終結果】
優勝:申ジエ(-19)
2位:ミンジー・リー(-13)
3位:アン・ヴァン・ダム(-12)
4位:パーニラ・リンドベルグ(-11)
5位:ホーリー・クライバーン(-9)
6位:ベス・アレン(-8)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【連続写真】天才が描く芸術作品 申ジエのアプローチ
申ジエがドレスアップ!黒と白でシックに決めました
申ジエ、世界1位を明け渡した宮里藍の引退表明に「成績だけでなくマナーも素晴らしかった」
特別投票企画!2018年 国内女子ツアーの顔は誰?
ケプカ&申ジエの優勝から、海外のクラブ契約フリー選手が好むアイアンを考える