石橋貴明(写真:Getty Images)

写真拡大

10日深夜放送の「カンニング竹山の土曜The NIGHT」(AbemaTV)で、お笑いタレントのカンニング竹山が、バラエティー番組「みなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の収録の雰囲気を明かした。

番組では、フジテレビに関するニュースに竹山が感想を述べていた。8日放送の「みなさんのおかげでした」が話題になると、現場にいた竹山が当時を振り返っていた。

「みなさんのおかげでした」では「とんねるず大反省会」と題し、お笑いコンビ・とんねるずから被害を受けた芸人たちが、石橋貴明と相方・木梨憲武のこれまでの所業を糾弾していた。だが、お笑いタレント・ノッチの訴えには、石橋が「(ノッチは)台本通りにしか言わないんだよね」と指摘。

続けて石橋は、出演者全員に台本を見せ「そういうのは俺らは嫌なの。タレントはアドリブ力だと思うのよ。そのまんまでしょ、君たちがやってることは」「そういうとこで日本のバラエティー番組は今、ダメになってるの」と熱弁を展開していた。

収録時の様子について竹山は、石橋が熱弁したのは「ノッチさんが意外と緊張していた」ことがきっかけだと説明。緊張しているノッチの言い分を聞いたところで、石橋が台本を確認すると、セリフが台本と全く同じだったそうだ。

ちなみに、収録現場には40人ほどの芸人らが居合わせたが、竹山によると、全く重い雰囲気ではなかったという。さらに、石橋の発言について「バラエティーって何が起こるのか分からない」「そういう方がドキドキする」ということを伝えようとしていたのではと推測したのだった。

【関連記事】
カンニング竹山 「週刊文春」編集長との対談めぐり事務所にブチ切れていた
「行きたくない」カンニング竹山が「ビビット」の舞台裏をぶっちゃける
有吉弘行 出演最後と予想する「みなおか」収録で石橋貴明に感謝「泣きそうだった」