西川貴教(T.M.Revolution)

写真拡大

11日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)にミュージシャンのT.M.Revolution・西川貴教が出演。放送後に西川が、Twitter上で出演時の熱弁を反省した。

番組では、ミュージシャンの岡崎体育がファンクラブに導入した新システムが、議論を呼んでいる件を取り上げた。新システムでは、ファンの熱量が可視化され、行動がポイントで加算される。ポイントに応じてファンがランク分けされ、ランク上位の会員にはツーショット写真や握手などの特典が与えられる仕組みとなっている。

だが、このシステムに「ファンに優劣を付けるな」「金を持っていない小中学生のファンは置き去りか!?」といった批判が殺到したというのだ。

コメントを求められた西川は、現在の音楽ビジネスが抱える問題について言及。「正直、エンターテインメントのパッケージビジネスがどんどんシュリンク(縮小)している」と熱弁を始めた。

岡崎の場合は、無料の動画サイトがきっかけで人気が出たため、ファンは「急にお金取るの? ここから課金なの!?」と思ってしまったのではないかと推測する。

だが西川は、良い音楽を生み出すには「クオリティーは担保されるべき。それを保証するためには当然バジェット(予算)も必要」「(作り手を守るためには)インカム(収入)がないとできません」と指摘した。

さらには「(ファンは)そこ度外視で『良いもの欲しい』って言うけど、自然に出てけえへんで!? 」「ボーッとしてたら、ええもん出て来るわけちゃうから!」などと力説していたのだ。なお番組では、「シュリンク」や「バジェット」などについて、その意味を字幕で補足していた。

すると放送後、西川はTwitter上で「限られた時間の中で一度に多くの問題を一斉に、かつ簡潔な説明することに注力するあまり、僕のプレゼン癖が出てしまい、カタカナの多い発言になってしまい申し訳ございませんでした(原文ママ)」と反省の言葉をつづる。

そして、「僅(わず)かでもエンターテインメントにおける問題提起になれば幸いです」と切実に訴えたのだった。【関連記事】
岡崎体育の日本初のファンクラブシステムに批判殺到か SNSで真意を説明
西川貴教 品川駅で有名人にサイン求める一般人にチクリ
「直球で聞いて」 西川貴教が町中で声を掛けてくる一般人に要望