昼食会で握手を交わす李首相(手前右)と金与正氏。間にいるのは金永南氏=11日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は11日、ソウル市内のホテルで北朝鮮の高官代表団と昼食会を行った。

 李首相の左隣には金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の特使で妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長、右隣には代表団の団長を務める金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長が座った。

 昼食会には韓国側から都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官や趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官、姜秀珍(カン・スジン)国立バレエ団芸術監督らも同席。北朝鮮側は約10人が出席した。

 北朝鮮側から「目立たないようにしたい」という要請があり、会場周辺の警備員は必要最小限の人数だけが配置された。

 代表団は平昌冬季五輪に合わせて9日に訪韓。開会式に出席したほか、10日には文在寅(ムン・ジェイン)大統領と面会し、金委員長の親書を手渡した。11日夜に帰国の途につく。