バレンタインにチョコたっぷりのブラウニーカップ♪

写真拡大 (全4枚)

このレシピを試すのにかかる時間

約2時間

アメリカのバレンタインズデーは男性から女性へが主流

日本では長い間、女性から男性にチョコをあげるのが普通でしたが、調べてみるとこの数年では、友チョコとか、贈る対象も多様化してきてるんですね。

ヨーロッパやアメリカなど欧米諸国では、バレンタインデーは基本的にカップルの日とされていて、ちょっとしたギフトを贈り合ったり、その日はレストランでロマンチックなディナーをするのが一般的です。

アメリカでもこの時期はスーパーにバレンタイン用のチョコが陳列されます。

こちらでは、男女が互いに贈り合うといっても、男性が花束にチョコをつけて女性に贈るイメージの方が、やや強いですね。

アメリカでも多様化していくバレンタインデー

ところでここ数年の間で、アメリカでも日本のように、親子や祖父母と孫の間とか、同僚とか、男女の枠を超えた間でもこの日を祝うようになってきたようです。ただ贈り合うものがチョコに偏っていることはなく、誕生日や記念日と同じようにプレゼントは何でもいいところがアメリカらしいかなと思います。

ブラウニーはアメリカの代表的なお菓子

さて日本でもすっかりお馴染みとなったブラウニー、アメリカではチョコチップクッキーと同じくらい定着しているお菓子で、バリエーションもかなりの数があります。
日本のと比べると、アメリカでは油脂や砂糖を多めに使うどっしりしたタイプが好まれます。

今回はアメリカらしく生地に生チョコをふんだんに使用するタイプを作ってみました。 

材料(カップの大きさにより20〜25個くらいの量)

★ブラウニー部分
チョコチップ 約170g(アメリカのカップ1に相当)
バター(※1) 55g
卵 2個
砂糖(※2) 100g(アメリカのカップ3/4に相当)
薄力粉 大さじ4
ココア 大さじ4

★トッピング
ピーカンナッツ(※3) 適量
市販のキャラメル 10個
牛乳 小さじ2

(※1) サラダ油やキャノーラ油でも代用可。バターより食感がやや重くなり、その分しっとりします。
(※2) あれば三温糖やダークシュガーなど色が濃い目の砂糖がベター。
(※3) ピーカンナッツがない場合、クルミやアーモンドなど見た目が可愛いナッツで代用してみて下さい。

作り方   

 .宗璽好僖鵑縫船腑灰船奪廚肇丱拭爾鯑れ弱火でダマがなくなるまで溶かして粗熱をとっておきます。   

◆.椒Ε襪僕颪蛤重を入れホイッパーで混ぜ合わせ、,離船腑海鯲し入れてよく混ぜ合わせます。

 薄力粉とココアを一緒に振るいにかけ、△貌れ粉っぽさがなくなるまで完全に混ぜます。この時点で生地はかなりドロドロした感じになりますが、大丈夫です。オーブンの予熱を180度にセット。

ぁ.潺縫ップ用の型に紙カップをセットして、カップの7分目ほどまでに生地を流し入れ、オーブンで20〜25分焼きます。15分目くらいで一旦爪楊枝をさしてみて焼け具合を確認してください。

ァ‖冉容器にキャラメルと牛乳を入れてレンジで30秒ほど加熱し(加熱時間はレンジによるので少しずつやってみて下さい)時々出して完全に混ぜ合わせ、スプーンでブラウニーの上にピーカンナッツとトッピングして出来上がり。

マフィン型や8インチ(約20cm)正方形型でも作れますが、焼き時間はマフィンで30分、正方形型で45分をめどに、各々10分ほど早めに焼き具合をチェックしてみて下さい。

出来立てよりも1晩寝かせた方がしっとり美味しくいただけます。


【あなたにおすすめの記事】
■市販のタルトカップを使った簡単&失敗しない生チョコタルト
■“料理家さん家のきちんとごはん” おうちバレンタインレシピ
■自宅にあるもので簡単♡バレンタインラッピング
■言われなければわからない!ヘルシー♪豆腐のチョコテリーヌ
■簡単なのにおしゃれ!チョコレートバークって知ってる?